ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 9月11日(火)

<<   作成日時 : 2007/09/11 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

晴留屋さんはとうとうアパートを出ることになったらしい。まだ本人からの連絡はないのだが、晴留屋さんの友人が教えてくれたのだ。生活保護から脱して自立したまではよかったんだけど、社会生活に完全に復帰するというのは、なかなかうまくいかないものなんだなあ。まあ、彼のことだから、次に居候させてくれるところは見つけているのだろうけど。

いきなり自立ではなくて、まずは家賃の補助あたりから始めて、徐々に自立を促すようなサポート体制があればいいのになあ……なんて考えていたら、だんだん妄想が膨らんでしまった。

豪華すぎるからと建設に異論が出ている参議院の議員宿舎。豪華な議員宿舎を作るぐらいだったら、ネットカフェ難民とか、家賃の支払いに困っているような低所得者向けの国営住宅を作ったらどうかしら。1人3畳程度で家具つき。トイレ、シャワーは共同。家賃は2〜3万円。高層ビルにして、1階は職業紹介所、2階は食堂にする。食堂は「低所得証明書」を見せれば、100円ぐらいで食べられる。

3階は職場にして、発送作業とか、仕分け作業などの仕事ができるようにする。仕事は国か自治体が発注する。他に仕事が見つからない人は、当面そこでお金を稼いで家賃を払う。ある程度生活費が稼げるようになった人は出ていってもらう。でも、アフターフォローをちゃんとする。

建物の中には保育所や介護施設も入れて、やる気と適性がある人は、そこでも働けるようにする。保育料や介護料を安くすれば、預ける人たちも大助かり。

そうだ。どうせなら議員さんにも入居してもらって、世間の厳しさを実感してもらおう。きっと弱者にやさしい政策を思いつくだろう。うん。一石何鳥にもなっていいんじゃない?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
9月11日(火) ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる