ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 10月31日(金) ロゼッタストーン日記

<<   作成日時 : 2008/10/31 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「読売ウィークリー」が12月1日発売号で休刊になるそうだ。創刊して65年という歴史のある雑誌だけど、時代の波には勝てなかったということか。そういえば「読売ウィークリー」は、ロゼッタが発行した『凶刃』を誌面で紹介してくれたことがあったっけ。

その「凶刃」著者の矢野さんから、最新の裁判状況レポートが届いた。

矢野さんの息子さんが通り魔に刺殺されたのが2005年の12月。刑事裁判で有罪が確定したのが2006年6月。犯人が入院していた病院を相手どって民事訴訟を起したのが同じ2006年6月。それから延々と、公開裁判に到る前の書類のやりとりが続いている。民事裁判って、おそろしく時間がかかるものなんだなあ。お互いの記憶がしっかりしているうちに、短期間で主張を述べ合ったほうが効率的だと思うんだけど。いったいいつになったら判決が出るんだろう。

裁判というのは、お互いに面と向かって主張を述べ合う場だと思っていたが、民事裁判の場合は、いかに説得力のある書類をそろえるかっていうのが大事らしい。矢野さん夫妻は、具体的な治療方法にまで踏み込んで病院の問題点を列挙している。よくぞここまで勉強されたと感心する。

ただ、以前「裁判官」の取材で、「民事だとちょっとしたものを含めれば、午前10件、午後10件なんてときもありますよ」という話を聞いたことがある。1人の裁判官がそれだけの訴訟をこなしているのである。こんなに忙しい裁判官が、矢野さんの裁判のような専門的な内容をちゃんと理解して公平な判断を下せるんだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
10月31日(金) ロゼッタストーン日記 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる