ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 9月7日(月) ロゼッタストーン日記

<<   作成日時 : 2009/09/07 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

「ゴマブックスが民事再生法の適用を申請した」というニュースが飛び込んできた。負債額は約38億2000万円だという。毎日新聞によれば、ケータイ小説の「赤い糸」シリーズが累計330万部のベストセラーとなり、今年1月期には、年売上高約32億3200万円を計上していたそうだ。そんなに売上があってもつぶれちゃうの!? と驚いた。在庫を抱えすぎてしまったのか、返品が多かったのか、それとも他の事業で失敗したのか…。うーん。大手は大手で大変だ。

ネットで調べたら、リクルートの「ガテン」も9月末で休刊。今年になって「就職ジャーナル」「エスクァイア日本版」「スタジオボイス」「マリ・クレール」などの有名雑誌も休刊している。「Hanako WEST」も12月発売の来年2月号で休刊するそうだ。

アメリカでは、出版大手のリーダーズ・ダイジェスト・アソシエーションが連邦破産法11条の適用を申請したというし、出版不況は、世界的に深刻だ。ロゼッタストーンほど小さな会社だと、かえってつぶれようがないのだが、大手だと儲けも大きいけど、使うお金も半端じゃないものねえ…。

もっとも、メディアの使命は「情報を伝えること」。たとえ媒体は変わっても、信頼できる情報というのは、いつの時代にだって求められるはずだと思う。

キャリアカウンセリング(就職相談)をやっている知人と話す機会があった。出版界に限らず、日本全体が不況なので、就職できずに困っている人たちが山のようにいるという。意欲と能力のある人は、時間がかかっても仕事を見つけるそうだが、特別な能力も経験も貯金も学歴もない人たちの働く場が今の世の中にはほとんどないそうだ。

真面目に働く気のある人が、きちんと収入を得ることができる仕組みを、資本主義の国ではどうやってつくっていけばいいんだろう。本当に世の中の役に立つ活動をしているNPO法人に補助金をあげて、人を雇ってもらうとか。マッチングが難しいかなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
破産法 11条 米国
特別清算手続 会社法(平成17年法律第86号)第2編第9章第2節第1款により規律される手続であり、解散して清算手続に入った株式会社について、清算の遂行に著しい支障を来す事情がある場合や債務超過の疑いがある場合に、清算人が裁判所の監督の下で清算を行う手続である。会社法に組み込まれている手続であり独立した法典が存在しないが、倒産四法制の一つとして位置づけられている。破産手続と異なり、原則として従前の清算人がそのまま清算手続を行う。 専業中堅 消費者金融専業大手子会社に属さない独立資本だが、地域... ...続きを見る
破産・借金の法則
2009/09/12 17:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
9月7日(月) ロゼッタストーン日記 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる