ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 1月24日(日) ロゼッタストーン日記

<<   作成日時 : 2010/01/24 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ツイッターというのは、マメな人は本当にマメにつぶやいている。たとえば、小沢氏の記者会見の時間に、そのようすを実況するジャーナリストもいるし、自民党党大会も、小池百合子議員や世耕弘成議員、取材中のジャーナリストらが実況している。いまや、メディア抜きでも、リアルタイムで情報が共有される時代なのだ。

つぶやきの多くは他愛もないものだけど、時々気になる発言もある。たとえば、原口大臣の親友が冤罪で外国で死刑判決を受けたことがあるとか。ツイッターの情報からホリエモンのブログにたどりつくと、拘置所にいるとき、林真須美から手紙がきた…なんて話も書いてある。

こうやって著名人がタイムリーに貴重な情報を提供するんだもの。マスコミは、よほど質の高い情報を提供しないと、生き延びられないわね……。

ツイッターには、「検察」の捜査方法について疑問を投げかけるつぶやきも多い。岩上さんというジャーナリストは、「小沢さんも民主党も選挙で落とせるけど、検察は国民がコントロールできないから」だと言っている。なるほど。

ツイッターではないけれど、江川紹子さんのWebサイトにも「東京地検特捜部の判断は常に正しい、のか」という意見が掲載されている。

……で、江川さんがこの中で勧めている本が『知事抹殺』(佐藤栄佐久・平凡社)、『リクルート事件江副浩正の真実』(江副浩正・中央公論新社)、『検察の正義』(郷原信郎・ちくま新書)。………うっ。恥ずかしいけど1冊も読んでない。

というわけで、早速ネットで注文。私も勉強しなくっちゃ。

逮捕された人が、釈放されたあとで弁明の本を出すことはよくあるが、本にはその人物のレベルが見事に現れる。誰かの言い分にじっくりと目を通すには、やっぱり、書籍が一番だ。

ネット全盛時代だけど、「本の力」というのも、やっぱりバカにはできないと思うのよね…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1月24日(日) ロゼッタストーン日記 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる