ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 1月26日(火) ロゼッタストーン日記

<<   作成日時 : 2010/01/26 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の朝日新聞の夕刊に、「各地で書店が消えている」という記事が載っていた。全国ではこの10年間で6403店減少したのだという。で、書店減少率が高い上位5県は、1位から、和歌山、山口、佐賀、秋田、大分の順。なんと、私の地元、山口県が書店減少率の高さ第2位! 2000年に253店だった書店が、2010年には156店になっている。県内から書店が100店舗もなくなったなんて悲しすぎる。山口県人は本を読まないのかいっ!(1位の和歌山県は257店⇒137店)

……と言っている私自身が、ネットで本を買ったり、新古書店で本を買ったりしてしまっている。以前は、本代だけはケチるまい…と思っていたのだけど、ロゼッタストーンの近所にあった書店も数年前に閉店してしまい、いまや一番近い書店はブックオフ。買い物帰りにふらっと寄れて、便利なんだよなあ…。安いし…。

今年は「電子書籍元年」なんて言われていて、ずっと低迷していた電子書籍がついに広がっていきそうな気配。街の本屋さんにとっては、ますます厳しい状況になりそうだ。

ふうーっとため息をつきながら、新聞をめくると、今度は「昨年の自殺者3万2753人」という見出し。昨年より504人多くて統計のある1978年以降では5番目に多かったとか。自殺者が3万人を超えるのはこれで12年連続だとか。

書店は10年間で6403店舗減少し、自殺者は10年間で30万人以上! うーん。やっぱり「不景気」がいちばんの原因なんだろうなあ。

テレビをつけると大阪で、借金苦から家族3人(妻と子ども2人)を殺し、無理心中をはかったけれど、一人だけ死に切れなかったという男の事件があった。たかが借金500万円で家族を殺さないで…と、憤りを覚える。

「いまどき心中する人なんているんだ」と驚いたのは、いったいいつのことだったろう。最近は心中事件のニュースを聞いても、「またか…」と慣れっこになってしまった。でも、日本には、確かに「心中」が時代遅れに感じられるぐらい、世の中が平穏だった時代があったのだ。

うーん。うーん。なんとか私にできることはないだろうか…と思っているうちに思いついた。ロゼッタストーンで書籍を出版し、議員メルマガにも参加してくれていた福島みずほ議員は、いま、自殺対策特命担当大臣だったのだった。

仕事で忙しくて、ロゼッタストーンの声なんて聞いている暇はないと思うけど、とりあえず、私が考える自殺対策を福島議員に提言してみよう。

みなさま、自殺対策の妙案があれば、ぜひ、ロゼッタストーン(staff@rosetta.jp)にお寄せくださいませ。政策に反映される保証はまったくありませんが、ロゼッタストーンがまとめて、福島大臣に送ってみます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1月26日(火) ロゼッタストーン日記 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる