ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2月3日(水) ロゼッタストーン日記

<<   作成日時 : 2010/02/03 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ツイッターを見ていると、“「週刊朝日」編集長に出頭要請が来た”という情報が飛び交っている。ジャーナリストの有田芳生氏や上杉隆氏らが最初の情報源。さらにジャーナリストの岩上安身氏のツイッターによると、今日の午前中、検察から編集部に「捜査妨害だ。話を聞きたい」と出頭要請があったが、それが外部に漏れたため、朝日新聞社を通じて「出頭要請は伏せるように」という圧力がかかったのだとか。で、結局、明日出頭することになるらしい。

リアルタイムで情報が飛び交うツイッターは、検察の思惑も、大手メディアの思惑も飛び越えて、すぐに情報が流れてくる。情報を流す人たちは、ジャーナリストとしての自負をもって実名で報告しているわけだから、まんざらガセネタでもないような気がする。これが、本当のことなら、信じがたい暴挙である。

政治家も権力だし、検察も権力だ。小沢幹事長を批判する記事もあっていいし、検察の捜査に疑問を投げかける記事があってもいい。権力をチェックするのはジャーナリズムの役割だし、そのために保証されているのが「報道の自由」であり、「表現の自由」だ。もし、記事が間違っているなら、記者会見をして、「この内容が間違っている」と堂々と主張するべきだ。権力が自分たちを批判するメディアに圧力をかけることは絶対にしてほしくない。それに対して、朝日新聞社が検察の圧力に屈したのだとしたら、それは本当に悲しむべきことだ。

思わずいったい何を書いたのよ…と、書店に「週刊朝日」を買いに行ってしまった。たぶん検察が気にしそうなのはこの記事だと思う。これが事実ならとんでもないし、事実でないなら公の場で正々堂々と抗議してほしい。

小沢氏の事件の真相はさておき、今の検察に本当に危機感を感じてしまった。政治家たちは、党派を超えて「報道の自由」を守ってほしい。もちろん、報道する側が、正確な取材をし、責任を持って記事を書くのは当然のことだけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2月3日(水) ロゼッタストーン日記 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる