ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2月5日(金) ロゼッタストーン日記

<<   作成日時 : 2010/02/05 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、突然の朝青龍引退。いろんな経緯を考えるとやむをえないと思うが、他国から来て頑張っていた青年が、このような形で引退することになったのを残念に思う。事情がよくわからないモンゴルの人たちは衝撃を受けていることだろう。日本人だってイチローが突然大リーグから引退させられたらショックだもの(もっとも、イチローが不祥事を起こすことはあまり考えられないけど)。外国人力士に対しては、もっと力士としての心構えを丁寧に教育してあげればいいのにね。

もう一つ、昨日は小沢氏不起訴、小沢氏の元秘書ら3人は起訴される、というビッグニュースも。このニュースをめぐっては、テレビ・新聞と、インターネットメディアで随分とらえ方に差がある。テレビや新聞が「不起訴といっても説明責任が果たされたわけではない」と、どちらかといえば小沢氏批判のトーンが強いのに対し、インターネットメディア(ツイッターで発言するフリーのジャーナリストとか、ネットテレビ系のジャーナリストとか)には、検察の強引な捜査を批判する意見が多い。彼らは、「記者クラブ」に属するマスコミが検察とほぼ同じ方向を向いていると、大手メディアに対しても批判的だ。

私が注目しているのは、民主党の石川議員。大学時代から書生として小沢氏の家に住み込み、やっと衆議院議員になったと思ったら、2期目で逮捕。きっと心に描いた理想があっただろうに、まだほとんど何もなしとげないままに、秘書時代の疑惑で政治生命が危機にさらされている。

彼がどんな人物なのか、どんな考えを持っているのかは全然知らないのだけど、一応国会議員なのに、小沢氏の元秘書ということで、扱いもなんだかおまけ的でちょっと気の毒。逮捕されたときの理由に「自殺の恐れがあったから…」なんて声もあったけれど、実際のところ、どうだったんだろう。

検察に拘束されて情報も遮断され、孤独な時間を過ごすなかで、彼が何を考えたのか。検察に何をしゃべったのか。小沢氏との関係をどう振り返っているのか。今後、どんな人生を歩んでいこうと思っているのか。興味あるなあ。

石川議員は、今日夕方、拘置先の東京拘置所から保釈されたようである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2月5日(金) ロゼッタストーン日記 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる