ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2月7日(日) ロゼッタストーン日記

<<   作成日時 : 2010/02/07 16:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

先日の「週刊朝日」の出頭騒動について、「週刊朝日」の山口編集長がコメントを発表している。検察からの抗議文も掲載してある。

こうやってきちんと自分の主張を発表できるところを見ると、そんなに心配するほどの事態ではなかったようだ。検察ももっとオープンに取材に応じるようにすれば、こんな騒ぎにはならないのにね。

先日、自殺対策を募集したら、いくつか対策が集まった。主なものとしては、「自殺相談の電話を24時間体制にする。そのための人材の養成、確保」、「明日支払うお金がなくて困っている自営業者に対して、一時的にお金を立て替えたり、相談にのったり、別の仕事の世話をしてあげる仕組みづくり」、「悩んでいる人が愚痴を言えるような“たまり場”の創設」「遺族に対するケアの充実」など。自分でつくった自殺防止ソングを送ってくれた人もいた。「自殺」という言葉は辛いから「自死」という言葉を使ってほしい…という要望もあった。

毎年3万人以上自殺者がいるということは、家族、友人、知人、職場、親戚、近所などを見渡せば、ほとんどの人が身近に自殺した人がいるということだ。みんな、そんなに他人事ではないんだと思う。

経済的に困っている自営業者は、自殺を決意する前にきっと公的機関にお金を借りに行っていると思う。ただ、仕事の業績が悪かったり、担保がなかったり、保証人がいなかったりすると、いくら公的機関でもお金は簡単に貸してくれない。融資を断るとき、別の形で相談にのる仕組みがあってもいいんじゃないかな。それから、検索サイトに協力してもらって、インターネット上で「自殺」とか「借金」とか「うつ」などと検索したときに、自動的に誘導できる「自殺防止サイト」というのもできないものかしら。そこにいろんな相談窓口の情報や、自死遺族からのメッセージ、苦しい時期をのりこえた人の体験談等を掲載すると、少しは役に立たないだろうか。

……なんていう私の案も合わせて、福島大臣に送ってみよう。鳩山首相は演説で「いのちを守りたい」とあんなに繰り返して言ってたんだもの。政府として、具体的に目に見える対策を打ち出してほしいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
検察の行きすぎた捜査方法に言及する記事、納得しています。

検察=善(正義)という気持ちが国民にはあるのでしょう。もしかしたら、それは お上は正しいという昔からの日本人の脈々とした伝統意識なのかとも思っています。

3月21日空いていますか?久しぶりにお昼食べませんか?
Dr 増収 増益
2010/02/07 17:42
来月の21日日曜日ですね。
大丈夫ですよ。また近づいたらご連絡ください。
3月21日
2010/02/07 18:06
さきほどのコメント、名前が日付になっていました。すみません。
ロゼッタ
2010/02/07 18:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
2月7日(日) ロゼッタストーン日記 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる