ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 4月23日(金) ロゼッタストーン日記

<<   作成日時 : 2010/04/23 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

楽天の三木谷社長と、ソフトバンクの孫社長の講演会に行ってきた。「国民の、ITによる、日本復活」というのがテーマ。

三木谷社長は、日本独自の規制を緩和して、世界ルールに合わせる必要性を強調。たとえば、医薬品のネット通販規制や、貸し金の規制(今年6月から個人の借り入れ総額が年収の3分の1に制限される)などを例に挙げ、「年収の3分の1しか、借りられないなんて、人権の侵害のように思える。世界でこんな国は他にない。医薬品の規制も、世界の動きと逆行している」と、厳しく批判していた。

一方、孫社長は、これからは「情報アクセス権」も基本的人権の一つであるとして、光ファイバーを日本全国にくまなく広げる必要性とそのメリットを訴えた。光回線が普及すれば、誰でも世界中の知恵を取り入れることができる。家庭でできる仕事が増えるので、子育て中の女性や、年をとった人たちも働きやすくなる。どんな田舎でも、最新医療のアドバイスを受けられるようになる。しかも、光ファイバーを日本中にひくのに、お金はかからない……という。

「いまの電話線(メタル回線)と比べて、光回線は安くて軽くて長持ちする。現在、メタル回線にかかっている維持費(年間3900億円)を活用し、メタル回線をなくして、光回線だけにすればいい。いまのような個別工事でなく、一括工事にするなら、工事費用は4分の1ですむ」と孫氏。電気を日本中の誰もが使えるように、光回線も日本のすべての人が使えるようにしなければいけない…というのが孫氏の主張だ。

そういうインフラ整備と規制緩和、それを車の両輪のように実行してこそ、日本の未来があると、2人は言っていた。

日本のブロードバンド普及率は、一時期世界一になったそうだが、あっという間に抜かれて、現在世界で16位だとか。日本には若年層が少ないうえに、ITを学ぶ学生数も少ない。もっと国全体でIT戦略を考えていかないと、国際競争に勝ち残れない…という危機感を2人とも感じているようだ。

いまをときめくIT業界の両雄が並ぶ講演会とあって(しかも一般人参加OKで無料)、会場は何千人もの聴衆でいっぱいだった。孫さんの熱い語りと、三木谷さんのクールな喋りは対照的だったが、それぞれに志の高さを感じた。

この講演は、インターネットでも生中継されていた。いったい全国で何万人が聴いていたんだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4月23日(金) ロゼッタストーン日記 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる