ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月6日(日) ロゼッタストーン日記

<<   作成日時 : 2010/06/06 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

やらなきゃいけない仕事は山のようにあるのだけれど、昨日は江戸東京博物館で開かれている「龍馬展」を見に行ってきた。龍馬ブームだけあって、人、人、人…。人の肩越しに展示物をのぞきこむような状態で、ゆっくり見られる雰囲気ではなかったけれど、龍馬の手紙や、龍馬が暗殺された部屋の再現などを見ていると、心がきゅんとなってしまった。この人と同じ時代に生きてみたかったなあ……。

大河ドラマに出てくるその他の人物たちゆかりのものも、いろいろ展示されていた。武市半平太の手紙は、字も絵もさすがにお上手。その隣には、平井収二郎の漢詩。こちらは字がとっても下手で、親近感を感じた。

剣が強いのに人を殺すことを好まず、ユーモアがあり、好奇心旺盛で、行動力があって、お姉ちゃん子で、視野が広くて、誰からも愛された龍馬。現実の龍馬には、もっといろんな面があったのかもしれないけど、今回の大河ドラマは、私が「龍馬はこうであってほしい」と思う方向に、ちゃんと描いてくれている。日曜日のテレビははずせないのだ。

最近、『龍馬伝』に加えて、もう一つ気に入っているのが、同じ日曜日夕方6時からの「ハーバード白熱教室」。アメリカのハーバード大学のサンデル教授の授業「Justice(正義)」が見られるのだ。(NHK教育テレビ)
http://www.nhk.or.jp/harvard/

難しい哲学を、学生と対話しながら、ものすごくわかりやすく解説してくれる。これがとっても面白いのだ。このサンデル教授の本、いま見ると、アマゾンで第9位。絶対、ハーバード白熱教室の影響だな……。

共産主義が崩壊し、資本主義も破綻し、いまの時代、何が正しい価値なのか、よくわからなくなってきている。哲学はこれからプチブームになるかもね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
6月6日(日) ロゼッタストーン日記 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる