ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 11月7日(日) ロゼッタストーン日記

<<   作成日時 : 2010/11/07 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日はお世話になった方の告別式に参加。クリスチャンだったので、教会での葬儀ミサ。ロゼッタストーンを支援してくれるくらいの人格者だけに、5分ぐらい前に到着したら、すでに教会には人があふれていて、100人以上は外から見守る葬儀となった。

クリスチャンネームはペトロ氏。教会での葬儀ミサは初めてだったが、美しい歌が次々流れ、舞台が見えないミュージカルのようだった。

最後はひとりひとりがご遺体に献花。音楽好きのペトロ氏は口を少しあけ、歌を歌っているようにも見えた。私がペトロ氏に直接会ったのは、10回にもみたないので、親しさから言えば、参列者の中でもかなり遠いほうだと思う。だが、お世話になった度合いで言えば、確実に上位にランキングされるだろう。結局、全然期待に応えられていないことに、悲しさとともに、ふがいない自分への怒りが募る。

誰かが亡くなるたびに、その人に関わった自分自身の生き方を改めて問われる。心の中に悔恨がふりつもっていく。

キリスト教では、亡くなるということは不幸ではなく、神のもとに召されてやすらぎを得られるということらしい。私はキリスト教徒ではないけれど、ペトロ氏の魂が天国で幸せにしていると信じたい。

いただいたごあいさつ状には、「信仰と、希望と、愛。この三つはいつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である」とあった。信仰は別にして、希望と愛はしっかり受け継いだ。心からご冥福を祈ります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
11月7日(日) ロゼッタストーン日記 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる