ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 12月1日(金) ロゼッタストーン日記

<<   作成日時 : 2010/12/01 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先生も走る師走。私も全力疾走だ!…と言いたいところだけど、数日前から風邪をひいてしまって、体調がいまいち。風邪はだいぶよくなったけど、なぜか耳が痛い。飛行機に乗ってキーンとなる状態がずっと続いている感じだ。ネットで調べると、風邪が原因で耳が痛くなるケースというのは、けっこうあるようだ。耳鼻咽喉科に行ってみると、右耳が「中耳炎」になってるとのこと。「鼻を強くかんだんじゃないですか」と先生。そんな記憶はないんだけどなあ……。

重病が少ない科だからか、私が行った耳鼻咽喉科はとても開放的だった。部屋の真ん中に診察台があり、患者はへやの周囲においてあるベンチで順番を待つ。診察台の近くには鼻の通りをよくする機械が並び、診察が終わった患者は仲良く並んで鼻の穴にくだをつっこむ。耳鼻咽喉科に行くのは初めてだったので、他の病院の状況はわからないのだけど、なんだか新鮮だった。

29日に周南市のふるさと大志懇談会が開かれた。今年も新たに5人の大志が任命された。「龍馬伝」の脚本家、福田靖氏もその一人だったのだが、残念ながらこの日は欠席。1年間楽しませてもらったお礼を言いたかったのになあ。

この日のテーマは「いのち育む里づくり」。高齢化、過疎化が進んでいる中山間地域をどうやって活性化させていくか、という話題だった。耕作放棄地、山林の荒廃、民家の崩壊、イノシシ・サル・クマなどによる被害の拡大等、田舎はいろんな問題を抱えている。私の実家がある八代(やしろ)は、まさにそういう地域なので、私も真剣に「お買い物バス」や「御用聞き宅配サービス」などを提案した。田舎は車の運転ができなくなると、とたんに日用品の買い物にも、病院に行くにも困ってしまうのである。

大志の中にはエネルギーの専門家や、町おこしの専門家もいて、興味深い発言が多かった。いまの時代は「IT革命」に続いて「エネルギー革命」が起きようとしているという。ただし、素人が安易に自然エネルギーに飛びついて、大失敗するケースも多いのだとか(例えば、風車を設置しても肝心の風車が動かないとか)。他にもコンサルタントだけが儲かり、なんの成果も上がらなかったような例が、多数みられるらしい。やるんだったら、一流のプロフェッショナルに頼むというのが鉄則とのこと。

農薬を使わない農業を薦める人もいた。耕作放棄地は農薬を使っていない分、逆にチャンスととらえることもできるという。日本人の身体は防腐剤が浸透していて、インドネシア地震では、日本人の遺体だけが腐らなかったという話もあるのだとか。噂なのか、事実なのかはわからないけど。

未来につなげる農業をするために、人材を育てる教育機関が欲しいという話も出た。一流の教育機関をつくって、全国から若い人を呼び寄せたら、過疎化・高齢化対策にもなる。

こういう前向きな話をいろいろするのは楽しいなあ。山口県出身者には優秀な人が多いんだなあと嬉しくなる。(そこになぜ私がいるのかは疑問だが、ま、それは置いといて……)

……が、何を実現するにも、日本では法律による規制が足を引っ張ってしまうようだ。民主党は「地方分権」とか言ってたけど、なにか進んでいるのかなあ。国会も失言騒動ばかりじゃなくて、前向きな議論をしてほしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
12月1日(金) ロゼッタストーン日記 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる