ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 12月5日(日) ロゼッタストーン日記

<<   作成日時 : 2010/12/05 21:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「龍馬伝」が終わってしまったので、日曜日の夜がつまらない。ロゼッタは今月サーバを移転するので、今日はその準備をあれこれやってたんだけど、こういう作業って、ほんと気持ちが盛り上がらないんだよなー。ちょっとしたミスで、設定したメールがうまく届かなかったりするし。今週の9日には切り替えが終わる予定なんだけど、うまくいくんだろうか。

さらに来月には、「買い物かご」を新しくする予定。これまでは無料のシステムを利用していたけど、やっと専用ソフトを購入。今度はとっても使いやすくなると思う。(無事設定できるかどうかが心配だけど)

今後はサーバの容量がぐーんとアップするので、動画なんかも流せるようになる(かもしれない)。「週刊朝日ust劇場」や、ジャーナリストの岩上安身さんがやっているユースト中継みたいなのをロゼッタでもやりたいな。今は個人でも生中継ができちゃう時代。せっかくの技術の進歩を活かさないのはもったいないもんね。

昨夜は大学時代の友人と、その人の友人と一緒に西荻窪で食事。友人の友人がブラジル滞在経験がある人で、ブラジル料理の店に連れていってくれた。豆を煮込んだ料理に、ブラジル焼酎のカクテル(どっちも名前を聞いたんだけど、忘れちゃった)がおいしかった。ブラジル料理を食べたのはたぶん初めて。「人生初」の体験は、いくつになっても楽しい。友人もその友人もとても博識で、サッカーからアジアの歴史、おすすめ文学までいろいろ教えてもらった。

なにかの拍子に裁判員制度の話が出た。2人は「死刑」に絶対反対だという。先進国で死刑を認めているのは日本とアメリカぐらい。世界的に死刑は廃止の方向……というのは私も知っているのだけど、私自身は死刑容認派。どうしても許せないようなむごたらしい事件が起きたときに、犯人が生き続けることに納得ができないのだ。

「たとえば日本人が中国で多くの人を虐殺したからといって、同じだけの日本人を殺せということには納得できないでしょう。目には目を、では解決しない」と友人の友人は言う。「感情に流されて決めたらいけない。死刑に犯罪の抑止効果はないし、死刑によって遺族が救われるわけではない。自分も(犯人を死に追いやることで)犯人と同じことをしてしまったと悩む場合もある」と友人も言う。

そういう立場も頭ではわかるんだけど、やっぱり心情的に納得ができないんだよなあ。私は文明人じゃなくて、原始人なのかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
12月5日(日) ロゼッタストーン日記 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる