ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月16日(水)  自粛と自責

<<   作成日時 : 2011/03/16 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回の地震は想像を絶する被害を東北にもたらしている。特に津波の被害は深刻だ。加えて原子力発電所からの放射能漏れ。もしかすると、日本にとっては、第二次世界大戦以来の危機かもしれない。

こういう状況で、国内は過度な自粛ムードになりつつある。有名人がツイッターで日常の行動を呼びかけたり、楽しいことをつぶやいたりすると「不謹慎」だとバッシングを受けるらしい。いつか見た光景だなあと思いだすと、そうだ、昭和天皇崩御の頃、やはり自粛、自粛が続いたのだった。

日常の行動を…と呼びかける人たちは、被災地以外で自粛することによる経済の収縮や、つらい現実ばかり見る
ことで精神が不安定になることを危惧しているようだ。そういう呼びかけをしている有名人は自らがバッシングされ
ることを覚悟の行動。誰よりも被災地の人たちに思いを馳せている感受性豊かな人たちだと思う。

一方で、自粛を呼びかける人の気持ちもわかる。日本人は、自分だけがいい思いをしていると、自責の念にから
れる真面目な国民なのだ。西日本に住む知り合いは「こっちで節電しても、東日本とは周波数が違っていて役に
立たないらしいけど、何かやらないと申し訳ない気がして…」と、ホットカーペットのスイッチを切っているという。

とはいえ、人間は弱い生き物なので、被災地の現状に涙を流し募金をする人物が、スーパーでは食料品やトイ
レットペーパーを買いあさったりもする。まずは、自分に他人を責める資格があるかどうか、振り返ってみるといい
かもしれない。

「自粛自粛」と呼びかける気持ちが強くなりすぎると、福沢諭吉のいう「怨望」につながる。「怨望」とは他人を羨
んだりねたんだりする気持ち。諭吉はすべてが運不運に左右される自由のない環境では「怨望」がはびこりやす
いと述べている。考えてみれば、自然災害は究極の運不運だ。「怨望」の氾濫に注意を払ったほうがいいかもし
れない。

ITジャーナリストの佐々木俊尚さんが「不謹慎なディナーを楽しんでいます。とても素敵ないいお店」とつぶやい
たときに反発した人の心の中には「そんないい店、自分は日頃だって行けないよ」という
「怨望」がなかっただろうか。「不謹慎と言われるかもしれないけど、多くの展覧会や舞台公演、ライヴが自粛さ
れてることに疑問を感じる」というジャーナリストの江川紹子さんのツイートにムッとした人に「もともとそういう生活してないわい」というやっかみはなかっただろうか。

諭吉は「自分の状態をよりよくするのではなく、他人を不幸に陥れ、他人をひきずりおろして釣り合いを取ろうとする」気持ちが「怨望」だと言っている。いま必要なのは、他人をひきずりおろすことではなく、みんなでちょっとでも上に上がることだ。

個人を批判するのはやめよう。批判するのは権力だけにしよう。もちろん、政府の人たちも不眠不休で頑張ってくれているので、応援することも大事だ。けれど、政府の方針は一歩間違うと大変な事態になるから、無条件に容認するのではなく、今の方針のままでいいかどうかを冷静に判断しなければいけないと思う。

……なーんて偉そうに書いている私自身はどうかというと、民放が流すご立派なAC広告に辟易して、NHKにチャンネルを変えちゃうような度量の狭さだ。人間ちっちゃいねえ。とほほ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3月16日(水)  自粛と自責 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる