ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月18日(金) 福島第一原発事故の危険性

<<   作成日時 : 2011/03/18 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

震災の中での日本人の冷静な対応が世界から絶賛され、私たち自身もちょっとだけ日本人の誇りを取り戻しつつあったのだが、原発事故をめぐる危機管理については、各国が日本への不信感を高めているという。当初「絶対大丈夫」と言いながら、日を追うごとに事態が悪化していくのだから、信頼できなくなるのは当然だ。もちろん悪気があるとは思わない。東電の人たちも政府も必死で対応しているし、現場で命がけで働いてくれている人たちには感謝の気持ちしかない。ただ、どうしてもぬぐえない疑問は、いま対策を練っている人たちは正確な実態がわかっているのだろうか…ということだ。

例えばヘリコプターからバケツで水をかける作戦。菅総理の強い指示で「これしかない」と行われたらしいが、あんな高いところで飛びながら水をかけて効果があるようにはとても思えない。東洋経済の記者も同じような疑問を投げかけている。
http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/eb1319139f189515ebfe759be275f9a5/page/1/

テレビやネットでいろんな人の解説を聞き、私が一番信頼できたのは、東洋経済の記事中にも出てくる後藤政志さんの話だ。後藤さんは、元東芝で原子炉格納容器の設計をしていた人。技術者として、今の状況を正確に伝えなければ…という使命感でここ数日、あちこちでレクチャーを続けている。昨日は国会議員の人たちも、後藤さんを呼んで勉強したようだ。
↓17日に参議院議員会館で行われた院内集会(動画)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/897

原子炉の冷却ができないと、原子炉容器の底が抜け、外部に大量の放射性物質が放出される。また、水素爆発、水蒸気爆発、再臨界などが起きる危険性がある。再臨界というのは、いま停止している原子炉が再起動してしまうような状態なのだとか。爆発をすれば遠くまで放射性物質が飛んでしまうし、爆発をしなければ放射性物質が長く垂れ流しになる。原発というのは厄介で、とにかくずーっと水で冷やし続けなければ、危険な反応はおさまらないらしい。いまはギリギリのところで制御されているが、どこかでまたトラブルが発生すると、水素爆発、水蒸気爆発、再臨界へ進んでしまう危険があるわけだ。後藤氏は、不安をあおるわけではなく、そういうケースも起こりうるということを直視して対策をするべきだと言っている。

今回、いちばん最悪のケースを想定して発言しているのは広瀬隆氏。広瀬氏は、とにかく電源回復が何より大事だという。電源の復旧はまもなくらしいので、そこは明るい材料。ただ、電源が確保できても、原子炉は海水につかってしまっているから、うまく継続的に冷やせるかどうか安心はできないようだ。
http://diamond.jp/articles/-/11514
http://www.youtube.com/watch?v=AjOMiQL6bQw

広瀬氏は、「東電は運転員なので、よくわかっていない。官邸ももっとわかっていない。いまは原子炉を設計した東芝と日立の設計者の知恵を集めるしかない」と提言している。私も後藤さんのような人物を災害対策本部にいれてほしい。

また、共産党は2007年に今回の事故を見越したような「福島原発10基の耐震安全性の総点検等を求める申し入れ」というのをしている。
http://www.jcp-fukushima-pref.jp/seisaku/2007/20070724_02.html

共産党には吉井秀勝議員という京都大学工学部原子核工学科を卒業したエキスパートがいるようだ。
http://www.441-h.com/profile.html

原子力なんて超専門的な分野なんだから、党派を超えてこういう人物も災害対策本部に登用してほしい。こういう事故のときは、原発に反対している人が中心になって事実を発表してくれたほうが、安心できる。政府が言う「大丈夫」は、もう信頼性を失っているのだもの。

と、さんざん危機感をあおってしまったけれど、放射性物質がたとえ大量に拡散しても、そんなに大きな人的被害にはならないだろう…という見方も多い。こういうときは、パニックになっても仕方がないので、自分でしっかり情報収集して、自分で判断するしかない。私自身は、遠くまで水を飛ばせる優秀な放水車も現地に到着したし、もうすぐ電源が確保されたら、まあなんとかなるんじゃないかと思っている。落ち着くまで長い時間がかかるとは思うけど。

現地で危険を覚悟で作業をしてくださっている方々に改めて感謝。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3月18日(金) 福島第一原発事故の危険性 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる