ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月13日(金) 60歳以上の人たちが演劇を上演

<<   作成日時 : 2011/05/14 23:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カメラマンのリエコさんに誘われて、池袋シアターグリーンで上演されている「かんじゅく座」の公演を見た。「かんじゅく座」というのは、60歳以上の方々のアマチュア劇団。ホームページによれば、劇団平均年齢は68歳だという。
☆かんじゅく座ホームページ http://kujira-enter.sakura.ne.jp/kanjukuza/index.html

全国には、こうした60歳以上の人たちの劇団がたくさんあって、今年秋には「全国シニア演劇大会」が開催されるらしい。知らなかったなあ。

観客も当然60歳以上の人が多い。最初の注意事項の説明では「地震が起きたときは、ここは雑司ケ谷霊園が避難場所になります。みんなで一緒に行きましょう」だって。会場がちょっと苦笑い。

公演は「マイ・ラストセレモニー」というタイトルで、お葬式の場面をコミカルに描いたもの。父親の葬式に莫大な費用がかかったのを疑問に感じたポルノ映画の助監督が「自分の葬式はこんなふうにしてほしい」と遺言を書いたところ、直後に突然死。遺言通り、家族は段ボール箱の棺桶を用意し、故人が指名した人だけを招いた手作りのお葬式を実施。お葬式には、かつての仲間のポルノ女優らが集まり、にぎやかに盛り上がる……。と、こんな感じのストーリー。

アマチュア劇団なので、決してうまくはないのだが、ひとりひとりのセリフにその人の人生が感じられて、なかなか味わい深かった。年を重ねた人ならではのよさというのは、確かにあるのだ。それにしても、いまの60代、70代は本当にお元気だなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5月13日(金) 60歳以上の人たちが演劇を上演 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる