ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月25日(土) 「美しの宮」からの贈り物

<<   作成日時 : 2011/06/25 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「テンプルビューティフル」という健康関連の店が発行している『「美しの宮」からの贈り物』という本の校了を終え、ほっと一息。今週は忙しかったなあ……。

『美しの宮〜』シリーズは今回が3作目で、総刷り部数は数万部。市販されていないとはいえ、とてもたくさんの読者がいる本なのだ。内容も不思議だけど、面白い。

かつてアメリカに、不思議な能力を持つエドガー・ケイシーという人物がいた。ケイシーは催眠状態で、相談に訪れた人の病気の原因を言い当て、治療のための助言をした。催眠から目覚めると、ケイシーは自分が何を語ったか、全然覚えていなかったという。

ケイシーが催眠状態で語った言葉の多くは記録が残っており、「リーディング」と呼ばれている。この「リーディング」を研究している人たちや、ケイシーのアドバイスに沿った「ケイシー療法」を試す人が、いまなお世界中にたくさんいるらしいのだ。「テンプルビューティフル」は、ケイシーがらみの健康製品を販売しているお店。今年で創立15周年。女性店長ががんばっている。「ひまし油」っていうのがおすすめ商品のようだ。
http://www.caycegoods.com/

『「美しの宮」からの贈り物』は、店長、光田さんが毎週書いているメルマガをまとめたもの。当然ケイシーのリーディングの話もあちこちに出てくる。たまたま知人の紹介で、本づくりをお手伝いすることになったのだが、3作も関わると、ケイシーに親しみを感じてくる。ケイシーが「炭水化物を食べすぎるな」とか「野菜をたっぷり食べろ」なんて言ってるのは、キャラメルボックスの加藤さんが『僕が元気にヤセた理由』で書いている内容とよく似ていて興味深い。

ケイシーのリーディングは日本に関する予言でも知られている。「地球の物理的変化について述べるなら、地球はアメリカの西側で分断されるだろう。日本の大部分は海中に没するはずだ。(中略)これらのことは、1958年から1998年の間に始まり、この時代は雲間に再び主の光が見られる時代と宣言されよう」(『眠れる予言者』(総合法令)より)

ケイシーが1998年に日本が沈むと言った…という説もあるらしいけど、実際には変化が「1958年から1998年の間にスタートする」という表現のようだ。地震学者が「地殻の変動期に入った」なんて言ってるのを聞くと、この予言だけは当たらないでほしいなあと思う。この予言は「(中略)低い地位の人々が政治的な権力の中枢、国家機構の中枢に上げられたのを見てきたように、高い地位の人々が降ろされるのを見るだろう。そして人々の間で教師としての資格で振る舞ってきた地位や、人々に公僕として仕えていた人々の腐敗が白日のもとにさらし出され、混乱と争いが生じるであろう」と続く。あらあら、まるでいまの日本じゃないの。

もっとも、人間はおろかだから、いつの時代にもあてはまるような気もするけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
6月25日(土) 「美しの宮」からの贈り物 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる