ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 4月6日(金) ダイエットの季節

<<   作成日時 : 2012/04/06 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自社の雑誌やWEBの企画で、毎年「ダイエットダービー」を繰り広げていた私だが、『僕が元気にヤセた理由』(加藤昌史著・弊社2009年発行)の加藤式ダイエットでダイエットに成功してからは、しばらくダイエットから遠ざかっていた。が、ダイエットというのは結局は生活習慣の改善。生活習慣が元に戻ると、じわーりじわーりと体重も元に戻ってくるのである。著者の加藤さんは相変わらずスリムな体型を維持し続けているのだが、私は今年のお正月太りからまだ脱していない。心構えが違うのよねえ。とほほ。

というわけで、今月からまたダイエットを始めることにした。私のような意志薄弱な人間は、こうやって宣言しないとなかなか実行できないのだ。加藤式ダイエットの基本は、1日30分以上歩くことと、糖分をなるべく控えること。加藤式だけど、「加糖」じゃなくて「厳糖」なんだよーん(←くだらないダジャレ)。

私のスマートホンに「歩数計」という機能があったので、今月になってから使っている。意識して歩くようにしても、私の歩数は1日でせいぜい6000歩くらい。今までいかに歩いていないかってことよね。

そういえば、先日NHKの朝の番組で、脳の「ワーキングメモリー」を増やす方法というのを紹介していた。「ワーキングメモリー」というのは、一度にたくさんのことをこなせる記憶能力のことをいうらしい(パソコンのメモリーみたいなものですね)。電話がかかってきたとたんに、お鍋に火をつけていたことを忘れる…なんていうのは、ワーキングメモリーが少ないのである。

「ワーキングメモリー」という言葉は知らなかったけれど、かねがね私の脳は「メモリー」が少ないよなあ…と実感していたので、結構まじめに見てしまった。番組で「ワーキングメモリー」を増やす方法として紹介されていたのが「スロージョギング」。脳科学者の久保田競氏は、「なぜだかわからないけど、ジョギングをすると脳の前頭葉が発達する」と解説していた。(「ワーキングメモリー」が少ない私の記憶なので、正確ではないかも)

amazonで見てみると、久保田氏は『頭のいい人はよく歩く!』という本を出している。ということは、番組ではジョギングをすすめていたけれど、ウォーキングにも同じ効果があるんじゃないかしら。(本を読んでいないので、私の勝手な解釈です)

番組を見て以来、駅まで行くのに小走りに走ったりしてみるのだけど、膝に負担がかかるような気がするし、カッコよくないので長続きしない。やっぱり、歩く量を増やす方が、私にとっては現実的だな。

ちょうど桜の季節。桜を見ながらだったら、歩くことが苦にならない。今月から頑張って歩くぞ〜。&糖質のものは極力控える(といいつつ、いま夜食にトーストを食べているのだが、これから徐々に減らしていく)。たぶん8月頃にはスリムな体型に戻っているはずなので、お楽しみに〜。おまけで「ワーキングメモリー」も増えたら嬉しいなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4月6日(金) ダイエットの季節 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる