ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 8月30日(木) 「竹島」日本の主張・韓国の主張(2)

<<   作成日時 : 2012/08/30 23:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


一昨日の日記を読んで、ロゼッタWEB「教育カフェテリア」の著者、つきのみどりさんが坂野尚子さんのブログを教えてくれた。そこでは、中島章智弁護士の領土問題についての解説が紹介されている。
(坂野尚子の起業家日誌 http://ndb.jugem.cc/?eid=3204
その一部を紹介すると…。

※ ※ ※

国際法では、19世紀後半以降に確立した「先占(occupatio)の法理」というものがあります。これは、いずれの国家によっても実効的支配が及んでいない土地について、最初に実効的支配を及ぼした国家は、その土地を領土とすることができるというものです。
(中略)
日本政府が竹島を領土に編入したのは、1905年(日露戦争終戦の年であり、日本による韓国併合が行われた1910年より5年前)です。
第二次世界大戦後の連合国と日本との講和条約であるサンフランシスコ平和条約(1951年調印、1952年発効)において、日本は、領土の一部を放棄していますが、この条約の締結に先立ち、韓国政府は、連合国に対し、放棄の対象に対し、竹島を加えるよう要求しました。連合国側は、竹島は朝鮮の領土として扱われたことがないとして、この要求を拒否しています。すると、韓国の李承晩大統領は、李承晩ラインを設定して竹島を占領したのでした。
この経緯によれば、竹島もまた日本の領土であり、国際司法裁判所で司法判断が下されれば、日本の領土であると認定されるでしょう(韓国政府が国際司法裁判所での審理を頑なに拒否するのは、それが大きな理由だと思います。)。

※ ※ ※

中島弁護士の見解によれば、1905年がポイントになっているようだ。最初に実効的支配をしたということと、連合国が「竹島は朝鮮の領土として扱われたことがない」という認識だったってことが重要なわけね。

これに対して、韓国の主張を見てみると…。

日本は1905年「島根県告示第40号」を通じて、韓国の領土である獨島を自国の領土に編入しようと試みました。
当時、日本は満州や韓半島の利権をめぐりロシアと戦争中でした。1904年2日、日本は大韓帝国に「韓日議定書」を締結するよう強要し、露日戦争を行うため日本が必要とする韓国領土を自由に使用しようとしました。日本が獨島を自国の領土に編入しようとしたのも、東海におけるロシアとの海戦を前にした状況で、 獨島が軍事的に価値があると判断したためです。
また、日本は1904年8月「第1次韓日協約」を通じて韓国政府に日本人など外国人顧問を任命するよう強要するなど、1910年に韓国を強制併合する以前から既に韓国に対する侵奪を段階的に進めていました。
獨島は、こうした日本による韓国の主権侵奪過程の最初の犠牲でありました。1905年日本による獨島編入の試みは長きに亘って固く確立された韓国の領土主権を侵害した不法行為であるため、国際法的にも全く効力がありません。

また、下記のように、韓国が日本より前に領有権を持っていたことを主張している。

1900年10月27日、大韓帝国は皇帝の裁可を得て鬱陵島を鬱島に改称し、島監を郡守(郡の長)に格上げするという内容の「勅令第41号」を発しました。勅令第2条では、鬱島郡の管轄区域を「鬱陵全島及び竹島、石島(獨島)」と明記しています。
江原道観察使署理(代行)兼春川郡守の李明来は4月29日、これを当時の国家最高機関であった議政府に「報告書号外」として報告し、議政府は5月20日、「指令第3号」をもって獨島が日本の領土になったという主張を不認する指令を発しました。このことから、鬱島(鬱陵島)郡守が1900年に発せられた「勅令第41号」の規定に基づいて、引き続き獨島を管轄しながら領土主権を行使していた事実は明白です。
1906年3月28日、鬱島(鬱陵島)郡守の沈興澤は、鬱陵島を訪れた島根県の官民で構成された調査団から、日本が獨島を日本の領土に編入したということを聞き、翌日これを江原道観察使に報告しました。この報告書には「本郡所属獨島」という文言があり、1900年の「勅令第41号」に記された通り、獨島が鬱島郡の所属であることが明確に分かります。

それについて、日本政府は…。

なお、朝鮮では、1900年の「大韓帝国勅令41号」により、鬱陵島を鬱島と改称するとともに島監を郡守とする旨公布した記録があるとされています。そして、この勅令の中で、鬱陵郡が管轄する地域を「鬱陵全島と竹島、石島」と規定しており、この「竹島」は鬱陵島の近傍にある「竹嶼」という小島であるものの、「石島」はまさに現在の「独島」を指すと指摘する研究者もいます。その理由は、韓国の方言で「トル(石)」は「トク」とも発音され、これを発音どおりに漢字に直せば「独島(トクド)」につながるためというものです。
しかし、「石島」が今日の竹島(「独島」)であるならば、なぜ勅令で「独島」が使われなかったのか、また、韓国側が竹島の旧名称であると主張する「于山島」等の名称が使われなかったのかという疑問が生じます。
いずれにせよ、仮にこの疑問が解消された場合であっても、同勅令の公布前後に、朝鮮が竹島を実効的に支配してきたという事実はなく、韓国による竹島の領有権は確立していなかったと考えられます。

また、世界の認識について韓国は…。

1943年12月に発表されたカイロ宣言には、「日本は暴力と貪欲によって略取した全ての地域から追い出されるべきだ」と明記されており、1945年7月に発表されたポツダム宣言もカイロ宣言の履行を規定しています。また、連合国最高司令官総司令部は、1946年1月の連合国最高司令官覚書(SCAPIN)第677号及び1946年6月の連合国最高司令官覚書(SCAPIN)第1033号を通じ、獨島を日本の統治・行政範囲から除外しました。
こうした経緯から、獨島は第2次世界大戦終戦後独立した大韓民国の不可分の領土となり、これは1951年のサンフランシスコ講和条約でも再確認されました。

サンフランシスコ条約について日本は…。

1.1951(昭和26)年9月に署名されたサンフランシスコ平和条約は、日本による朝鮮の独立承認を規定するとともに、日本が放棄すべき地域として「済州島、巨文島及び鬱陵島を含む朝鮮」と規定しました。

2.この部分に関する米英両国による草案内容を承知した韓国は、同年7月、梁(ヤン)駐米韓国大使からアチソン米国務長官宛の書簡を提出しました。その内容は、「我が政府は、第2条a項の『放棄する』という語を『(日本国が)朝鮮並びに済州島、巨文島、鬱陵島、独島及びパラン島を含む日本による朝鮮の併合前に朝鮮の一部であった島々に対するすべての権利、権原及び請求権を1945年8月9日に放棄したことを確認する。』に置き換えることを要望する。」というものでした。

3.この韓国側の意見書に対し、米国は、同年8月、ラスク極東担当国務次官補から梁大使への書簡をもって以下のとおり回答し、韓国側の主張を明確に否定しました。
「・・・合衆国政府は、1945年8月9日の日本によるポツダム宣言受諾が同宣言で取り扱われた地域に対する日本の正式ないし最終的な主権放棄を構成するという理論を(サンフランシスコ平和)条約がとるべきだとは思わない。ドク島、または竹島ないしリアンクール岩として知られる島に関しては、この通常無人である岩島は、我々の情報によれば朝鮮の一部として取り扱われたことが決してなく、1905年頃から日本の島根県隠岐島支庁の管轄下にある。この島は、かつて朝鮮によって領有権の主張がなされたとは見られない。・・・・」
これらのやり取りを踏まえれば、竹島は我が国の領土であるということが肯定されていることは明らかです。

4.また、ヴァン・フリート大使の帰国報告にも、竹島は日本の領土であり、サンフランシスコ平和条約で放棄した島々には含まれていないというのが米国の結論であると記されています。

と、主張は真っ向から対立している。

国際司法裁判所での審理は行われなさそうだから、この際、誰でも視聴できるオープンな場で、双方が主張をぶつけあってみたらどうかしらね。オリンピックみたいに正々堂々と。決してお互いに暴力に訴えないのを条件として。田原総一朗さんとか、企画してくれないかしら…。

※日本の主張はこちらから。(外務省ホームページ)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/index.html

※韓国の主張はこちらから。
(韓国外交通商部のHPより 独島)
http://jp.dokdo.go.kr/index.do

(KOREA.net)
http://japanese.korea.net/Government/Current-Affairs/National-Affairs?affairId=130



日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 (ちくま新書 905)
筑摩書房
孫崎 享

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 (ちくま新書 905) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

日本の領土問題 北方四島、竹島、尖閣諸島 (角川oneテーマ21)
角川書店(角川グループパブリッシング)
保阪 正康

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本の領土問題  北方四島、竹島、尖閣諸島 (角川oneテーマ21) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

竹島は我か?領土 (Takeshima is Japanese Territory) (feat. Hanzo Reiza & Enigmo)
Dispatch Japan

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 竹島は我か?領土 (Takeshima is Japanese Territory) (feat. Hanzo Reiza & Enigmo) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
8月30日(木) 「竹島」日本の主張・韓国の主張(2) ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる