ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 9月27日(木) 私の出身地からデパートが消えてしまう

<<   作成日時 : 2012/09/27 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

周南市(旧徳山市)の近鉄松下百貨店が、来年2月末で店舗を閉鎖するという。なんと、周南市にはデパートがなくなってしまうのだ。がーん!

子どもの頃の私にとって、「松下」は都会の象徴だった。徳山市までおでかけして、松下のレストランで旗の立っているお子様ランチを食べたり、松下の屋上のミニ遊園地で遊んだり(コインを入れてまたがると、その場で上下に動くだけの乗り物とか、ささやかなものではあるが)、それはとても楽しい時間だった。

最近は駐車場のあるスーパーやショッピングセンターでみんな買い物をするようになってしまい、徳山駅前の商店街は、すっかりさびしくなっているのだが、まさか松下までなくなるとは思わなかった。

中国新聞によると「近鉄松下百貨店は1962年に開業。売上高は1993年2月期の約118億円がピークだった。郊外型店に押されて伸び悩み、2012年2月期には約47億円まで減少。断続的に赤字経営が続き、12年2月期は3年連続の赤字決算となり純損失は6億4100万円。累積赤字は11億2700万円に膨らんでいた」とのこと。売上が半分以下になっちゃったのか…。松下がなくなってしまったら、商店街がますます寂れてしまうんじゃないかしら…。

ネットでデパートの閉店について調べていたら、「不景気.com」というサイトを見つけた。名前の通り、倒産やリストラなどのニュースがてんこ盛り。見ているだけで気が重くなってくる。6月の生活保護受給者は211万5477人で過去最高を更新したのだとか。みんな仕事がないんだろうなあ…。
http://www.fukeiki.com/

いやいや、世の中にはもっと景気のいい話もあるはずと、「富裕層」を検索してみたらプレジデントオンラインにこんな記事があった。
http://president.jp/articles/-/5716

記事によると「100万米ドル以上の投資可能資産を保有する富裕層は、2010年時点で世界に1090万人おり、前回09年の調査より8.3%も増加した。…その中で、日本の富裕層人口も5.4%増加して174万人となり、アメリカに次ぐ二番目の富裕層大国としての地位を盤石なものにしている」そうだ。

富裕層が174万人で、生活保護受給者が211万人。だいたい同じぐらいの人数だ。富裕層の人にとっての10万円はほんのはした金だろうけど、貧困層にとっての10万円はギリギリの生活費。富裕層の人から毎月10万円ずつお金を寄付してもらって貧困層に配れたらいいのにね…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
9月27日(木) 私の出身地からデパートが消えてしまう ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる