ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 10月17日(水) 「ウソつき」ブーム(?)とネット裁判所

<<   作成日時 : 2012/10/17 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

このところ「ウソ」にまつわる報道やネット上の発言が多い。代表的なのは、「iPS細胞を使った世界初の臨床応用を行った」という読売新聞報道で一躍脚光を浴び、その後、ウソがばれて問題になっている森口尚史氏についての報道だ。噂によれば、ニュースを聞きかじった人のなかには「ノーベル賞を取った人がウソをついてたんだって」と勘違いしている人もいるらしい。本当にノーベル賞を取った山中教授が気の毒だ。

ジャーナリズム関連でいえば、いま、元ジャーナリストの上杉隆氏に関して、盗用疑惑が話題になっている。
「読売新聞の記事を盗用した上杉隆氏」(池田信夫blog)
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51815641.html

これに対して上杉隆氏は、このように反論している。
「多様性の芽を摘み異論を排除する日本の幼稚な言論空間に変化を!」
http://diamond.jp/articles/-/26217
「アゴラ」及び「BLOGOS」記事に関して
http://uesugitakashi.com/?p=2156

これに対して池田氏が再反論。
「上杉隆氏への回答」(池田信夫blog)
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51816530.html

上杉氏は盗用をしたのだろうか? それとも理不尽な疑惑をもたれているのだろうか?

昨日、元福島県知事の佐藤栄佐久氏の有罪が最高裁で確定したというニュースがあった。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121016/trl12101619020001-n1.htm

「土地を早期に売却し、売買代金を会社再建の費用などにあてる必要性があったにも関わらず、思うように売却できずにいる状況の中、工事受注謝礼の趣旨で買い取ってもらったもので、賄賂に当たる」と判断したという。もっとも土地代金は時価相場だったようで、収賄額ゼロでも土地を売ってお金に換えた「換金の利益」で有罪になったらしい。

「収賄額ゼロの有罪」というのは、妥当なのだろうか?

前回の日記では、中小企業の粉飾決算の話を紹介した。佐藤氏、朝倉氏ともに、「応援する会」が結成されたようだ。
http://www.supportingsato.com/
http://asakura.matrix.jp/shushi.html

やむにやまれぬ中小企業の粉飾決算は罪なのだろうか?

なーんてことをいろいろ考えるうちに、いいことを思いついた。実際の裁判は時間もお金もかかる。一方で、ネットの世界には、各分野での専門家がいるし、本人さえ忘れているような過去の言動を細かくチェックする人々も存在している。だったら、「ネット裁判所」というのをつくって、実際の裁判所とは別に、双方の言い分を聞きつつ、ネットの世界でどちらが正しいのかを判断する場があってもいいのではないかしら?

ロゼッタストーンwebの新コンテンツとしてどうかしらねー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
10月17日(水) 「ウソつき」ブーム(?)とネット裁判所 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる