ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 1月15日(火) 「理不尽」な体罰

<<   作成日時 : 2013/01/15 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大阪市で、部活動の顧問から体罰を受けた男子高校生が自殺するという痛ましい事件があった。以前雑誌「季刊ロゼッタストーン」で体罰について取り上げたことがある。私自身は、親からも教師からも殴られたことがないので(小さい頃、お尻ぐらいは叩かれたかもしれないけど)、体罰なんてとんでもないと思っているのだが、そのとき、体罰を肯定する人がたくさんいるのに驚いた。

肯定派の意見は「自分が悪かったから怒られたのだと思うし、愛情があるから殴ってくれたのだとわかっていたから」という人が多かったように思う。親に体罰を受けて育った人は、「自分に子供ができても、悪いことをしたら殴ると思う」と言っていた。人間の考えというのは、自分の経験となかなか切り離せないものなんだなあ…とその時思った。どうしても自分の経験や好きな人(親、恩師など)を否定したくない気持ちが働くのだろう。

子どもの頃、ドラマなどでよくこんなシーンがあった。反抗的な発言をする子に対し、教師や親が「バカ!」と平手打ちする。そこで子供は泣き崩れ、態度を改めるのである。「殴られたぐらいで、態度を改めるな〜」と、私は子ども心にいつも心の中で反発していたが(ひねくれた子どもだ)、「きちんと叱ってほしい願望」というのは、意外に日本人の多くが持っているのかもしれない。

私は教師に殴られた記憶はないが、小学校低学年の頃、教室の後ろに立たされたことがある。誰かとふざけて騒いでいて、なぜか私ひとりが怒られた。いま思えば、私が一緒にふざけていた相手は席に座っていて、私はその子のそばで立って騒いでいたから目立ったのだと思う。私は立たされて泣いていたが、ちっとも反省なんかしていなかった。なぜ自分だけが怒られるのかという「理不尽さ」に悔し涙を流していたのだ。その担任を恨む気持ちなどはまったくないが、忘れっぽい私が覚えているということは、それだけ強烈な印象が残っているのだろう。

大阪の高校生も、主将の自分だけが特に厳しく体罰を受けることに悩んでいたらしい。「理不尽」な目にあうことほど、人間の誇りを傷つけるものはない。体罰はもちろんやめてほしいけど、学校の先生がたには、「公平性」ということにも気を配ってほしいな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1月15日(火) 「理不尽」な体罰 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる