ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月27日(月) 大河ドラマ「八重の桜」と「白虎隊」の思い出

<<   作成日時 : 2013/05/27 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

NHKの大河ドラマ「八重の桜」を毎週見ている。舞台は会津。義理堅く徳川家に仕えていた会津が、薩長を中心とする維新勢力に「朝敵」とされ、苦難の道を歩んでいく。

私は山口県出身なので、もちろん長州びいきなのだけど、会津のような義理堅さも嫌いじゃない。明治維新も、長州側から見るのと会津側から見るのとでは全然違ったものになる。会津(主にいまの福島県)の人たちは、いまも山口県人が嫌いだという噂を聞いたことがあるけど、実際にはどうなんだろう。

負けた側は辛さを忘れないかもしれないが、勝った側はあっさり忘れてしまう。山口県人のほうは、会津への特別な想いというのは、ほとんどないはずだ。戦ったという意識もないかもしれない。

そういえば、私は小学校の頃、運動会で「白虎隊」をみんなで踊った記憶がある。当時は白虎隊が何かもよく知らなかったのだが、遠い記憶によれば、銀紙を貼った刀を一人一人が持って古めかしい曲に合わせて踊り、最後は切腹するポーズをして倒れて終わったような気がする。小学生が集団切腹する踊りなんて、いまの時代だと許されないような気がするなあ(笑)。

ふと思いついて、ユーチューブで調べてみたら、「"可愛い" 会津の伝統を引き継ぐ 『会津ちびっこ白虎隊士』演舞」という動画が……。おおっ。懐かしい! これだよこれ。私が小学校のとき踊った曲。細かい振付は覚えてないけど、音楽は聞き覚えがあるし、いまもちゃんと「切腹」しているではありませんか。
http://www.youtube.com/watch?v=J5KYIMr7FH4

それにしても、会津ならわかるけど、どうして山口県で白虎隊の踊りを踊ったんだろう。当時の流行りだったのかな。

白虎隊は戊辰戦争で悲劇的な結末を迎えた会津の少年部隊。このあと大河ドラマにも登場するのかしら…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5月27日(月) 大河ドラマ「八重の桜」と「白虎隊」の思い出 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる