ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 8月24日(日) 創立15周年とこむら返り

<<   作成日時 : 2014/08/24 17:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今月の8月20日、ロゼッタストーンは創立15周年を迎えた。15歳といえば、昔でいえば元服。今でいえば中学3年生かな。大ベストセラーを出したわけでも、大儲けしたわけでもないから、お世辞にも大成功の道を歩んでいるとは言い難いけど、とりあえず続けてきただけでも、よく頑張ったよね。

9月21日には、新刊『自由の国 平等の国』の出版記念をかねて、ロゼッタストーン15周年記念パーティを開催する予定。いろんな人に助けてもらっての15年だった。それに対して、自分は何の恩返しができたのだろうと振り返ると、な〜んにもできてない。悲しい…。でもまだ15歳だ。20歳の成人式の頃には、みなさんに恩返しできる会社にするぞ〜。

……と気力は十分あるのだけれど、最近、若干気になるのが体力の衰えだ。先日、私は生れてはじめて119番に電話した。原因は……こむら返り!!

寝ようとして横になってうとうとした頃、いきなり両足がこむら返りに! 足を必死で伸ばそうとするのだけど、一向におさまらない。両足なので歩くのも困難。そ、そ、そうだ。温めてみたらどうだろう…とお風呂に入りかけたが、足の痙攣がおさまらないので、このまま心臓まで痙攣して、もし死んじゃったら、裸で発見されるのはいやよね…とお風呂を断念。

とにかく痛い、痛い。ネットで対策を調べる余裕もなく、119番に電話して「こ、こ、こむら返りの治し方を教えてください…ません…か…」と息も絶え絶えに聞いてみたら、オペレーターのお姉さんが、「医学的知識はないんです。消防署の電話番号をお教えしましょうか?」「は…は…はい…おね…がい…します」「大丈夫ですか?救急車を呼びましょうか」「いえ…こ、こむら返りごときで呼ぶわけには…できれば自分で…治し…ます…」と、消防署の電話番号を教えてもらい、電話した。

消防署では最初に出た人は医学的知識がない人のようだった。「ちょっと待ってくださいね」と、別の人に代わってくれた。「今日は暑かったから、水分や塩分が足りなくなっているのかもしれませんよ。ポカリスエットのようなものを飲んでみたらどうですか?」「ポカリスエット置いてないんですけど」「じゃあ、塩はありますか?」「塩ならあります」「では、塩水にして飲んでください。あまりにも不安だったら、救急車を呼んでもらってもいいんですよ。病院でも点滴ぐらいしか、できることはないんですが」「ありがとうございます。立っている間に少しおさまってきたので、塩水を飲んでみます」

と電話を切って、塩水を飲んでいるうちに、なんとかこむら返りがおさまった。

落ち着いたあとで調べると、こむら返りは、冷え、睡眠不足などの疲れ、塩分の不足などによって起こりやすいらしい。応急処置としてドライヤーで温めてもいい、なんていうやり方もツイッターで教えてもらった。あのままお風呂に入ってもよかったみたい。また、塩分は糖分と一緒にとったほうが、摂取されやすいそうだ。

予防としては、日頃からよくふくらはぎをストレッチしておくこと。足を冷やさないこと。塩分を補給すること。なるべく疲れをためないこと。

こむら返りが起きたあと、2日間くらい、ふくらはぎが筋肉痛になった。こむら返りになっていたのは、せいぜい5分か10分ぐらいだと思うけど、その間にどれだけ筋肉が動いたんだろう。恐るべし、こむら返り!

この15年間、かなり体を酷使してきたから、これからはもうちょっと体をいたわりつつ、頑張っていこうと思う。

みなさま、今後ともよろしくお願いいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
8月24日(日) 創立15周年とこむら返り ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる