ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月4日(月) コレステロールの名誉回復!?

<<   作成日時 : 2015/05/04 07:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎日新聞によれば、日本動脈硬化学会が1日、「食事で体内のコレステロール値は大きく変わらない」との声明を発表したそうだ。
http://mainichi.jp/select/news/20150502k0000m040167000c.html

厚生労働省も今年、5年ぶりに改定された「食事摂取基準」で、コレステロールの基準を撤廃したという。卵はコレステロールが高いと言われているが、日本人約10万人を対象にした研究で、卵の摂取量と心筋梗塞の発症リスクは「関連なし」という結果が出たのだとか。

文藝春秋5月号では、順天堂大学大学院教授の白澤卓二氏が、「コレステロールは実は、脳にとって重要な栄養素で、ニューロン(神経細胞)が働くために不可欠な燃料です。…高いコレステロール値のほうが、記憶機能がよくなるという報告がアメリカの老年精神医学学会の雑誌で発表されている。…逆に、総コレステロール値が下がるとそれに伴って、高度な抽象的推論、注意/集中力や遂行能力が求められる認知測定での成績が悪くなるという研究もある」と述べ、コレステロールが有害だという説は、コレステロール低下薬を売りたい製薬メーカーの意向が働いているのではないかと推論している。(日本動脈学会の賛助会員には大手製薬会社がズラリと並んでいて、コレステロール研究のスポンサーにもなっているのだとか)

今回の「食事で体内のコレステロール値は大きく変わらない」というのは、その日本動脈硬化学会の発表。「食べるのを制限しても血中の値が低下する人と、しにくい人がいて、個人差が大きい」と基準の撤廃に賛同したという。動脈硬化予防には、食事や運動、生活習慣を全体的に改善することが必要で、食事も脂質だけを減らすのではなく、食物繊維を多く含む大豆製品や海藻、野菜類を増やすことが大切、とのこと。といっても、「悪玉コレステロールの値が高い人はコレステロールの摂取制限が推奨される」なんていう記述もあるから、いくら食べてもOKという立場でもないみたいだけど。

人間ドック学会のコレステロール値の基準も、大幅に緩められる見込みだ。これまでの基準範囲は総コレステロール値が140〜199、LDL(悪玉)コレステロールが60〜119だったけれど、改正後は総コレステロール値の基準範囲が【男性】151〜254、【女性33〜44歳】145〜238、【女性45〜64歳】163〜273、【女性65〜80歳】175〜280に。LDLコレステロール値の新基準範囲が【男性】72〜178、【女性33〜44歳】61〜152、【女性45〜64歳】73〜183、【女性65〜80歳】84〜190になる。これまで若干高めだった私のコレステロール値もこれなら楽々正常値だ。
※「保健指導リソースガイド」
http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2014/003497.php

「○○が体にいい」「○○が体に悪い」なんていう説は、世の中に山のようにあるけれど、それまでの常識が覆ることもしばしばだ。何かの説を盲信するよりも、「適度な運動」「バランスのいい食事」「腹八分目」を守るのがいちばん確実かもね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5月4日(月) コレステロールの名誉回復!? ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる