ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 11月10日(金) デザインの役割

<<   作成日時 : 2017/11/10 23:30  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『ホラホラ、これが僕の骨−中原中也ベスト詩集』は、デザインがほぼすべてともいえる企画である。中也の詩はすでに著作権が切れているので、読みたいだけならネットで無料で読めるからだ。この詩集の装幀と、公式サイトのデザインをお願いした佐藤好彦さんが、ご自身のブログで、この本のデザインについて語ってくれている。

佐藤さんは文章力もある方なので、ぜひデザイナー視点での制作過程を読んでほしい。

https://medium.com/@yoshihik0/

1)詩の本をつくるということ
2)詩とともに生活できる本
3)共感できるものにするために
4)文字のもつイメージ
5)モノとしての魅力
6)イメージを広げてくれる写真
7)ウェブサイトで物語を伝える

この本については、バインディングディレクターを務めてくれた篠原慶丞さんの製本会社、篠原紙工のホームページでも制作例として紹介されている。
http://www.s-shiko.co.jp/casestudy/TyuyaNakahara/

こうした制作スタッフの想いは読む人にも伝わっているようで、嬉しい感想も寄せられている。

-------------------------------------

「本」よりも「モノ」という感じでとてもやわらかい雰囲気で見た瞬間買おう!と思いました。大好きな中原中也の詩集をこんな素晴らしい装丁で読めるなんで感動です!(中学生男子)

いくつか出版されている中原中也の書籍の中でも、とても気に入っています。本棚に入れても存在感があり、何より制作者の想いが字体や紙質などからひしひしと伝わるからです。大好きな詩を何度も読み返す楽しみを、ありがとうございます。(30代女性)

-------------------------------------

制作中だったおまけの朗読CD(ロゼッタストーンWEBでの購入者限定)も、佐藤好彦さんのデザインで素敵に仕上がった。ゴージャスな2枚組。いま書籍を注文してくださった方にはCDも一緒に送っている。朗読は公式サイトで無料で聴けるけれど、CDのほうが音質がいいし、いちいちクリックしなくても流しっぱなしにできるのが魅力だ。

残るは解説小冊子だけなのだが、できているのは、まだ第3章まで。今月中には、第4章の解説原稿が届くのではないかと思うのだけど、今年のうちにできあがるかどうか、ドキドキである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
11月10日(金) デザインの役割 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる