ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月3日(月)

<<   作成日時 : 2008/03/03 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

出版社が注文を受ける場合、書店から直接電話(orFAX)がある場合と、取次から連絡がある場合、読者から直接注文がある場合の3パターンがある。書店の場合は、直接お客さんと接しているので、本が入荷したかしないかには敏感である。問題なのは取次からの注文で、大手取次になると、「本は届いてますか?」と連絡しても、注文した品が入荷したかどうか、まるで把握できていないのである。本の点数があまりにも膨大なので処理しきれないのだろうけど、不思議な話だ。

以前、雑誌ロゼッタストーンで取材したことがある山本起也監督の『ツヒノスミカ』という作品が、先月、スペインのパンプローナで開催された国際ドキュメンタリー映画祭PUNTO DE VISTA でジャン・ビゴ賞(最優秀監督賞)を受賞したという。映画に詳しくない私は、その賞がどのぐらい価値のあるものなのかよくわからないけど、世界で認められるというのはすごいことには違いない。着実に頑張っているんだなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
3月3日(月) ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる