ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月1日(月) ロゼッタストーン日記

<<   作成日時 : 2010/03/01 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨晩、インターネット上で、ジャーナリストについての生討論番組をやっていた。仕組みがいまひとつよくわかっていないのだが、Ustreamという動画サイトとツイッターが一体化していて、討論会のようすを見ながら、視聴者(ネットの世界も視聴者という言い方でいいのかな?)がツイッターでコメントを書き込めるシステムになっていた。

パソコン画面ではメインに討論会の中継画像が流れ、右側に視聴者からのコメントが次々に掲載されていく。私も試しに1回、コメントを書き込んでみたが、すごい勢いでみんなのコメントが書き込まれるので、10秒ぐらいで画面から消えてしまった。私が見たときは、1500人ぐらいの人が同時にそのサイトにアクセスしていたようだ。

まだまだ試験段階のようで、途中で画面が動かなくなることもしばしばだったが、面白い試みだなあと思った。以前はテレビでなければ無理だったイベントの生中継が、いまや、インターネットを利用して、素人でもできる時代になっているのだ。しかも、視聴者がその場で意見を表明できる双方向型。企画の内容が充実し、映像の質が上がり、一度にアクセスが集中しても容量がパンクしないようになれば、そのうち、テレビ番組よりも視聴者が多いインターネット生番組…なんていうのも出てくると思う。

この日の討論会は、有名人たちの討論を聞いて、視聴者たちが思ったことを勝手につぶやくという形だったが、これをテーマを明確に絞ってやれば、すごく面白いものになりそうだ。たとえば、「高速道路完全無料化」とか「子ども手当て満額支給」とか、世間で意見が分かれているものについて、ゲストに討論してもらう。視聴者はそれぞれ、自分の意見をツイッターで書き込む。書き込まれた意見は、画面に次々表示される。ツイッターには「リツイート」といって、気に入った意見を他の人に推奨する機能があるので、優れた意見は何度もリツイートで表示され、見ている側の思いを集約する効果がある。最後に、「賛成」か「反対」か、見ている人全員の意見を集計する。うんうん、楽しそう。

将来的には、こういう「ロゼッタTV」をやってみたいな……。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3月1日(月) ロゼッタストーン日記 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる