ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 4月3日(土) ロゼッタストーン日記

<<   作成日時 : 2010/04/03 22:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

新宿御苑で友人とお花見。満開の桜にポカポカ陽気。まさにお花見日和だった。開園と同時に場所取りをしたというお兄さんが、仲間がくるまでまだ時間があるから…と、シートの隅を貸してくれたので、とってもいい場所に座ることができた。このお兄さん(といっても、もちろん私よりもずっと年下)は、毎年、同じ桜の下で花見をしているそうだ。「じゃんけんで負けて場所取りですか?」と聞いたら、「いや、こういうのが好きなんです」とのこと。世の中って本当にいい人がいるもんだ。

昨晩はツイッター上で、みんなの党の浅尾慶一郎議員と、ジャーナリストの岩上安身氏の論争を観戦。
発端は浅尾議員の「自民党の若林参議院議員が議員辞職をした。会派で賛否が決まっている事案で他の議員のボタンを押すのと、親やゼネコンから不明朗なお金をもらうのと、どちらが有権者に対する裏切り行為なのだろうか?」というつぶやき。これに対して、岩上氏が「あなたは本気でこんなことを言っているのか? 議員としての見識を疑う」と糾弾し、何度かやり とりが続いた。

議論はあまりかみあっていなかったが、リアルタイムのやりとりだから、次はどう返すんだろう…と気になった。2人のところには、すごくコメントが殺到しただろうけど、フォローしていない人のコメントは表示されないので、ブログのように炎上しないのがいい。(もっとも、「浅尾祭り」なんて書き込みも見かけたので、私が気づかないところで燃え上がっていた可能性は十分ある)

それにしても、議員の投票行動を軽んじるような発言は、政治家としていかにもまずい。秘書とか、同じ党の議員とか、誰も注意してあげないんだろうか。

たかが140字の書き込みでも、何度もつぶやくうちに、その人の力量や性格が見えてくる。ツイッターって侮れないわ。

今回の件を教訓に、他の政治家が当たり障りのないつぶやきしかしなくなったらつまらない。手ごわいジャーナリストを相手に、堂々と論争ができる政治家が登場してほしいなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
幼稚なのがボタン押す方、悪質なのが不明朗なお金をもらう方、と思いますね。こんなもの、擁護する必要はなく、優劣を議論する必要もなく、どっちも糾弾するだけだと思いますけど。

こんなくだらないネタで論争する暇があったら、議員もジャーナリストも、経済や社会のシステムをもっと勉強して、まともな政策を立案できる能力を身につけてほしいですね。部分しか見えてない議員やジャーナリストが多すぎます。
H2
2010/04/04 08:23
確かに、もっと未来につながる政策論争を見てみたいですね。それはツイッターにはなじまないのかもしれませんが。
ロゼッタ
2010/04/04 09:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
4月3日(土) ロゼッタストーン日記 ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる