ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 9月6日(火) 「未来総理」が「現在総理」へ

<<   作成日時 : 2011/09/06 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回の日記で「セロ弾きのゴーシュ」の発売を告知したのに、いまだに発売できていない。音声担当の川瀬さんから、音割れの指摘を受け、急遽修正をすることになったのだ。私は気にならなかったのだけど、さすがにミュージシャンは耳がいい。スマートフォン向けのほうは、「ページを戻ったときに音が出ない」という不具合があった。これは見開き処理しているため、左ページに音声が入っていないことから起きる現象だったらしい。ということで、こちらは、見開きではなく、1ページごとに読む形に変更。

あれこれ修正したものが今日できあがる予定なので、そのあとチェックしたりしても、来週の12日には発売できるんじゃないかな。なんだか、だんだんオオカミ少年のようになってきたけど、みなさま、見放さないでね。

版元ドットコムが参加するボイジャーは、うちがつくる電子書籍の形式には対応していないようだ。残念! どのサイトに出品したら、多くの人に見てもらえるんだろうなあ。

ところで、日本の総理大臣が野田佳彦氏になった。党内融和をはかったためか、地味で実直な感じが受けたのか、内閣の支持率も回復し、まあ、順調な滑り出しのようだ。

野田氏といえば、ロゼッタストーンが2002年に創刊した「未来総理」の初代メンバーの一人。「私が政治家をめざした理由」というテーマで、野田氏はこんなことを書いている。
http://www.rosetta.jp/mirai/m006.html

あの頃は、おじいちゃん政治家が多くて、なんとか世代交代をはかりたいと思って「未来総理」を創刊したのだった。未来の総理は、いまは名もない国会議員のなかにいるはずだと思って、メルマガ「未来総理」への参加を昭和30年以降に生まれた全国会議員に呼びかけたのだ。野田氏はそれに応じてくれた一人。「未来総理」が本当の総理大臣になるまでに9年か…。意外と早かったなあ。ロゼッタストーン自体はあまり大きな発展もしていないのにねえ。

「未来総理」の創刊メンバーには、細野環境大臣、自民党の石破政調会長、社民党の福島党首、岩手県の達増知事、愛知県の大村知事らもいた。「未来総理」という名前に集まってきた人たちは、それなりの志があったってことなんだろうか。

今回の内閣には、小宮山洋子氏も入っている。小宮山氏は、女性国会議員メルマガ「ヴィーナスはぁと」のメンバーで、社民党の福島みずほ氏、自民党の有村治子氏と並んで、原稿をまめに書いてくれるありがたい存在だった。民主党の子ども政策は、彼女が中心になってつくってきたんじゃなかったかな。厚労相は適任だと思う。

国会議員の世代交代は進んだけど、女性議員はあまり増えていない。千葉景子議員、岡崎トミ子議員と、元ヴィーナス議員が大臣になってもいまひとつ力を発揮できずに終わっているので、小宮山氏にはぜひとも頑張ってもらいたいなあ。厚生労働省は守備範囲が広いから大変だと思うけど。

「未来総理」が実現したので(もちろんロゼッタのメルマガとはまったく関係なく実現したのだが)、次にめざすのは「理想国会」。第2回目の勉強会の開催が遅れているけど、私の頭の中には理想の国会につながる壮大なプランが渦巻いているのだ(本当かな?)。できるできないは別にして、思い描くことは楽しい。

10年後、みんなが何もかも忘れている頃、また日記で「実は10年前からロゼッタではね…」と、ささやかに成果を報告できるように頑張ろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
9月6日(火) 「未来総理」が「現在総理」へ ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる