ロゼッタストーン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 12月17日(水) 素人の演技力を甘く見てはいけない

<<   作成日時 : 2014/12/17 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先日、若い男性から突然電話があった。
「あの、H社のSと言いますが、覚えていらっしゃいますか? 覚えていらしゃらないと思うんですが、実は3年くらい前に営業でまわっていたとき、ヒロナカさんにとても親切に声をかけていただきまして、こんな親切な人もいるんだから頑張ろうと、ヒロナカさんのお名前をメモして、自分が出世したらご連絡しようと思っていたんです。実はこの春からロンドンに栄転が決まりまして、英語入りの名刺もつくってもらったので、この名刺をヒロナカさんに一番に届けたいんですが、ごあいさつに伺ってもよいでしょうか?」

まったく記憶がなかったし、飛び込み営業に親切にするほどやさしくもないのだが、私がその時どんな言葉を言ったのか興味があって会ってみることにした。

26歳というその男性は、とても元気な人だった。金を取り扱う仕事をしているという。
「あの頃は新人で、とにかく一日100軒回ろうと頑張っていたんですが、ほとんど門前払いで、もう仕事を辞めようかと思っていたんです。ちょうど父親も病気で倒れたりして落ち込んでいたので。でも、ヒロナカさんが“うちでは必要ないから買えないけど、頑張って”と言ってくださって、こんな優しい人もいるんだから、もうちょっと頑張ろうと、3年頑張って、やっとここまで来ました。実は今年結婚も決まってまして…。ロンドンでも頑張ってもっと出世します」
彼がくれた名刺には手書きで「一番」と書いてあった。
「ヒロナカさんに一番に渡すと決めていたので。ヒロナカさんの名刺はお守りにします。最後に握手してくださいますか?」

最初に商品を買ってくれた人ではなくて、なぜ私が一番なんだろう…と不思議だったが、自分が気が付かないところで人を励ますこともあるのかなあ。言葉の力ってすごいなあ。もっとも、自分が気が付かないところで人を傷つけることは、きっともっと多いんだろうなあ。……なんてしみじみと思った出来事だった。

……が、この話はここでは終わらなかった。

衆議院選挙の翌日、彼から興奮した声で電話がかかってきた。
「ムーディーズが日本の国債の格付けを引き下げたのと、今回の選挙の影響で、金の相場がすごく動いていて、いま購入したら確実に利益が出そうなんです。日本を立つ前に、ヒロナカさんに実績をお見せして、僕のことを覚えててもらいたいなと思って。もちろん、ヒロナカさんが興味がないのはわかってるんですが、以前NTT株が売り出されたときみたいに、すごい人気で、抽選でしか手に入らない状況なんです。短期で解約できるので、安い金が抽選で手に入った場合だけ、購入を検討してもらえませんか?」
電話をしているときに、ちょうど本の納品業者がきたので
「そこまで言うなら抽選だけしてみてください」と言って電話を切った。

数時間後、彼がいきなり上司と一緒に会社にやってきた。
「20口申し込んで3口当たったんです!僕だけだと不安だったので、信頼できる上司に一緒に来てもらいました」と、とても嬉しそうだ。
上司いわく「いやー。彼に強引に連れてこられたんですけど、話を聞いて驚きました。彼が“営業の原点のような人なので、ヒロナカさんにはあまり営業しないでくださいね”なんて言うので戸惑ったんですが。話を聞くと、会った直後に、こんな状況になるなんて不思議ですね。でも、確かにこの金額というのは、自分もあまり見たことがない安い仕入れ値で、これは彼をほめてやってください。自分の直接のお客さんだったら、お金をかきあつめてでも絶対に損しないから買えって薦めるような金額です」

元本割れしそうになったらすぐに販売できること、購入後のクーリングオフも可能というような説明もあり、私のためにこんなに一生懸命やってくれてるんだから、ロンドンに旅立つ彼を応援するか…と、私は資産なんてほとんどないくせに、つい口座開設の申し込みをしてしまったのだった。お金を払う予定日は翌々日。

彼らが帰ってから、その会社について調べてみた。この年齢になると、心が汚れているので、相手がいくら親切そうでも、疑いの気持ちが消えないのだ。金の販売で有名なT社の代理店だといっていたので、T社に電話。
「H社って御社の代理店だと聞きましたが、信用できるところですか?」
「お客様、弊社では訪問販売はいっさい行なっておりません。お気を付けください」
「……そうですか」

続いてH社のホームページ。創立日が去年になっている。あれ? 彼は3年前に営業に来たって言ってなかったっけ。

さらにH社について、いろいろ検索。「ロンドンに栄転になった。昔お世話になったのでといって連絡がある」なんていう書き込みを発見。営業マンの名前は別人。元気で素直そうな若者に見えたのに、あれって、H社の営業マニュアルだったのかな。 「一番」と書いた名刺は、いったい何枚あるのだろう。

そんなわけで、金購入の話は断り、念のため、申込書に書いた自分の銀行口座は解約した。営業の仕方に問題があるだけで、詐欺ではないのかもしれないけど、不正利用されても困るしね。

世の中に振り込め詐欺がなくならないわけが実感できた。詐欺師や強引な営業マンの演技力は、そのへんの役者よりもずっと上なんじゃないだろうか。みなさまもお気をつけあそばせ。

今度から飛び込みの営業には、鬼のような形相で対応することにしようかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
上手な、詐欺商法ですね。当院にも高田馬場のマンションのオーナーになって・・・という電話勧誘が時々来ます。人間長くやっているので、適当に話して「わたしと話しても営業利益にはつながりませんね〜」と言った途端、ガチャ〜 電話が切れました。
Dr 増収 増益
2014/12/19 21:30
「マンションのオーナーになって…」という勧誘は、さすがにうちにはきませんね(笑)。
金の勧誘も、なぜわざわざロゼッタに営業にきたのか謎です。もっとお金がありそうなところに行けばいいのに。
ロゼッタ
2014/12/22 15:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
12月17日(水) 素人の演技力を甘く見てはいけない ロゼッタストーン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる