アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「本」のブログ記事

みんなの「本」ブログ

タイトル 日 時
9月15日(金) 『ホラホラ、これが僕の骨ー中原中也ベスト詩集ー』への反応
ロゼッタストーン新刊『ホラホラ、これが僕の骨ー中原中也ベスト詩集ー』が発売になった。書店からの反応はおおむね好評で、予想以上の注文はあったのだが、この業界は委託販売なので、実際に読者が書店でこの本を買ってくださるかどうかは、まだまったくわからない。それでも、店頭に並ばなければ、一般の人に知られることもない。読者になってくださるかもしれない人が触れる機会が少しでも増えたことはよかったなあと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/15 20:14
8月11日(金) 新刊『ホラホラ、これが僕の骨ー中原中也ベスト詩集ー』が発売されます!
来月、ロゼッタストーン久々の新刊が発売される。メルマガでは時々状況を報告していたのだが、諸事情で延期につぐ延期…。どうなることやらと思っていたが、なんとか無事発売できそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/11 19:45
2月12日(日) フェイクニュースの誘惑
真実よりも興味が優先する時代になってきた。ネット上ではフェイク(偽)ニュースが飛び交い、アメリカの大統領選にも影響を与えたと言われている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/12 14:25
8月27日(土) いま一番お気に入りのジャーナリスト
毎日何かの事件が起き、ニュースが流れる。どんなに痛ましい事件であっても、日々の暮らしに追われるなかで、詳細は少しずつ忘れていき、事件のかけらだけが記憶に残る。忘れっぽい私は、人よりも記憶しているかけらが小さいかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/27 13:10
3月30日(水) 絶望の裁判所
2月26日、高松高等裁判所で『凶刃』著者の矢野さん夫妻が起こした裁判の判決が下された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/01 23:48
2月8日(月) TSUTAYA図書館に行ってみた
年が明けてまだ1か月だというのに、出版業界を揺るがすニュースが入ってきた。中堅取次の太洋社が自主廃業に向けての準備を進めているというのだ。昨年やはり中堅取次の栗田出版販売が倒産して驚いたが、今度は太洋社…。出版業界はどんどん厳しさを増しているようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/08 23:30
11月12日(木) ここが変だよ「少額訴訟」
前回書いた「少額訴訟」。結局異議申し立てはなかったので、強制執行に踏み切ることにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/12 23:30
9月15日(火) 初めての訴訟
先月、本の代金を支払ってくれない人相手に初めて「少額訴訟」というのをやってみた。「少額訴訟」というのは、60万円以下の金銭の支払いを求める場合に起こすことができる裁判制度。基本的に1回だけの審理で判決が出る。弁護士に頼まなくても本人だけで訴えることができ、手数料も1000円と格安だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/15 23:30
6月17日(水) 誇りある日本を取り戻すために、まず変えるべきは「地位協定」じゃないのかな
東京新聞に米兵からのレイプ体験を出版したオーストラリア出身の女性のことが紹介されていた。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/culture/doyou/CK2015061302000247.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/17 23:30
12月5日(金) 超零細出版社の挑戦
本日12月5日、『自由の国 平等の国』のプレミアム版の注文受付を開始する(限定500部。注文品のみの販売)。定価が7200円(本体価格6500円+税)という、ロゼッタストーン始まって以来の超豪華本だ。ロゼッタストーンの創立15周年を記念して企画した。 http://www.rosetta.jp/books/book016_2.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/05 23:14
11月7日(金) 日本は自由? 不自由?
今年も残り2ヶ月を切ってしまった。私の机の上には、「やるべきことリスト」を書いた紙があるのだが、「あれとこれとあれとこれとあれとこれをやりたい」と毎日思っているのに、いつも「あれとこれ」くらいで一日が終わってしまい、一向にリストの項目が減っていかない。「今日中にやるべきこと」が優先され、「急いだ方がいいけど、明日以降でも大丈夫なこと」は、あとへあとへとずれていく。とほほ〜。どうして私はこんなに仕事が遅いんだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/07 23:07
10月2日(木) 『自由の国 平等の国』まもなく発売!
なんだかんだとバタバタしているうちに、新刊『自由の国 平等の国』の発売日が近づいてきた。発売日は一応10月8日に設定しているのだが、取次への搬入日が10月7日になったので、書店に並ぶのは10月9日のところが多いかもしれない。地方の場合は10日になるかもしれない。雑誌と違って、書籍の販売日はゆる〜く決まっている感じなので、断言が難しいのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/02 23:30
7月16日(水) こんなロボットがほしい
たまたまソフトバンクの孫社長の講演をネットで見かけた。最初から最後までしっかり見たわけではないが、「これからはロボットの時代。労働人口の減少をロボットが補えば、日本は復活できる」とか、そんな感じの中身だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/16 23:30
6月14日(土) 資本主義と自由
世間はワールドカップで盛り上がっているが、サッカーにあまり興味のない私は今一つついていけない。この期間は粛々と仕事をしよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/14 14:28
4月12日(土) よいことと悪いことの分量は同じ!?
3月下旬「くじに当せんされましたのでお知らせいたします。おめでとうございます」というメールが届いた。よくあるのだ、こういう詐欺メールが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/12 20:51
3月12日(水) 出版業界のゴーストライター事情
最近、佐村河内守氏作曲と言われていた「ヴァイオリンのためのソナチネ嬰ハ短調」をよく聴いている。行きつけの美容院で雑誌を見ていたら、最近フィギュアスケートで使われた名曲をまとめた「氷上の名曲」CDというのがおまけについていて、「これいいですねえ」と言ったら、「よかったらどうぞ」とくださったのだ。佐村河内氏の曲も、高橋大輔選手のショートプログラムで使われていたので、しっかり入っていたというわけ。実際には現代音楽の第一人者がアルバイトで作った曲だったようだが、これはこれでよい曲である。少なくとも、私の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/12 23:30
1月11日(土) 第16部 新年のごあいさつ
あけましておめでとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/11 23:30
12月15日(日) 4刷が決まりました!
年内は在庫が足りるだろうと見込んでいた予想が嬉しくもはずれ、倉庫から在庫が500冊を切ったという連絡があった。いまのペースだと年明けに在庫が切れる可能性がある…ということで急遽4刷が決定した。大きな修正がなければ、今月26日に出来(しゅったい)予定だったが、索引にかなり修正が入ったので、もしかするとできあがるのは27日になるかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/15 12:00
11月27日(水) 芦田先生ブレイク前夜!?
哲学者で札幌大学名誉教授の鷲田小彌太(わしだ こやた)氏が、ブログで芦田先生の『努力する人間になってはいけない』に触れてくださっている。「編集者の皆さん、この人「旬」ですよ。……編集者はこの新しく現れた大衆的(売れる)作家に書きたいものを書かす「努力」を試みて欲しい。じゃんじゃん書かすべきだ」(鷲田氏ブログより) http://blog.nexuspoint.co.jp/washida_koyata/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/27 22:14
11月13日(水) 関西出張と朝日新聞とWEBリニューアル
11月11日、ジュンク堂書店大阪本店喫茶コーナーで芦田先生の講演会を開催。大阪でのイベントは初めてだったので集客が不安だったが、ふたを開けてみると満員御礼。大阪にも芦田先生のファンはたくさんいるようだ。「久しぶりに満席になりました」と、書店の方も喜んでくださった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/13 23:10
10月14日(月) 書店でのイベント
10月11日、東京八重洲ブックセンターのイベントスペースで、芦田先生の講演会が開催された。参加料無料ということもあって、定員80名のところ100名もの申込み。書店側は可動式の会場の壁を少し広げて対応。当日キャンセルもあったため、全員座って聴いてもらうことができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/14 23:30
9月23日(月) 新刊『努力する人間になってはいけない』重版!
『努力する人間になってはいけない』の売上が好調で、すでに初版3000部がなくなり、2刷が9月26日に刷り上がってくる。アマゾンで一番よく売れているのだが、一般書店からも「よく売れています」という声が聞かれるようになってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/23 16:54
9月6日(金) 新刊がアマゾンの「思想・社会」「哲学」部門で1位に!
『努力する人間になってはいけない』が好調だ。発売前から著者の芦田先生のフォロワー(ツイッターで芦田先生のツイートを読んでいる人)さんたちがたくさん予約してくださっていたのだが、津田大介さんのネット番組(ニコニコ生放送・津田大介チャンネル)に先生が出演した翌日(9月3日)には、なんとアマゾンの「思想・社会」部門・「哲学入門」部門・「哲学」部門で堂々の1位に。弊社商品がカテゴリー1位を獲得したのは初めてで、とっても嬉しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/07 12:17
8月24日(土) 『努力する人間になってはいけない』まもなく発売!
昨日は、取次に見本を持って回った。「久しぶりで忘れられていたりして…」と冗談を言っていたら、ある取次では本当に忘れられそうになっていた! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/08/24 09:53
8月12日(月) 芦田先生の出版記念パーティは大盛況だったけど…
8月7日、芦田宏直先生の出版記念パーティを開催した。場所は、いつもお世話になっている有楽町の外国特派員クラブ。出席者が200人を超える大盛況だった。衆議院議員の小渕優子さんや、ジャーナリストの津田大介さんなど、ゲストも多数。数多くのお花も届き、会場に華やかさを添えていた。 ※当日のパーティの動画はこちらでご覧になれます。http://ustre.am/aZ2u ※芦田先生のブログにスピーチの文字起こしが掲載されています。http://www.ashida.info/blog/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/12 23:30
7月27日(土) 『努力する人間になってはいけない』校了!
ロゼッタストーンの新刊『努力する人間になってはいけない ー学校と仕事と社会の新人論』。昨日、すべての編集作業を終え、印刷会社にデータを渡した。あとは刷り上がるのを待つばかり…。見れば見るほど、いろんなところが気になってきて、キリがないのだけど、とりあえず一段落だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/28 05:50
7月6日(土) 新刊の発売日が決まりました
2年以上前から発行準備を進めていた新刊の発売日がやっと決まった。ジャジャーン! ……9月2日です(って、まだまだ先じゃん!) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/06 11:11
6月11日(火) 書店の減少が止まらない
1999年(ロゼッタストーンが創業した年)の書店の数は22,296店だった。それが今年5月1日時点では、なんと14,121店ですって!日本国内で8000店以上の書店が消えてしまったのだ。ネット書店で購入する人が増えてきたとはいえ、この減少速度はすさまじい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/11 06:56
5月4日(土) 日本人は言葉遊びの天才…かもしれない
友人が「連歌」についての本を書いたというので、購入してみた。『あなたが詠む連歌』(東山茜著・あいり出版)という本だ。 http://airpub.jp/shop/products/detail.php?product_id=89 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/04 15:55
2月21日(木) この春発行する予定の新刊について
最近は、この春発行予定の書籍の準備に追われている。著者の芦田宏直先生は、もともと哲学が専門だが、現在はFD(ファカルティ・ディベロプメント;Faculty Development)の分野で活躍されている。 ※FDというのは、「教員が授業内容・方法を改善し向上させるための組織的な取組の総称」。具体的には、教員相互の授業参観の実施、授業方法についての研究会の開催、新任教員のための研修会の開催などが、各大学で行われている(文科省ホームページ http://www.mext.go.jp/b_menu/... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/21 23:30
1月24日(木) 「絆ストレス」感じてる?
『絆ストレス』(香山リカ著・青春出版社)という本を読んだ。香山氏によれば、大震災以降、「絆ストレス」を感じて診療室にやってくる人が増えているのだという。「自分は結婚もしてないし、誰ともちゃんとした絆が結べていない」「家族の絆が大事なのに、夫は自分をほったらかし。絆を結べない夫となんか、一緒にいる意味がない」など、世の中が「絆」の必要性を強調する分、自分にはそれが欠けていると悩んでいる人が多いというのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/24 23:30
11月7日(水) 「できない」という自覚
茂木健一郎氏の『挑戦する脳』(集英社新書)を読んだ。茂木氏はこの本で、挑戦し続けることが脳を成長させることであり、挑戦することは人間の存在理由そのものであると、いろんな角度から述べている。非常に前向きな本だ。……が、私が心に残ったのは、ちょっと違う文脈で書かれている「できない」という章だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/08 07:07
5月14日(月) どうなる? 読売新聞社の清武本「出版契約無効訴訟」
5月9日、「読売新聞東京本社は、自社に著作権のある書籍を復刊しようとしている出版社「七つ森書館」(東京都文京区)を相手取り、出版契約の無効確認を求める訴訟を東京地裁に起こした」というニュースが流れた。それによると、読売新聞社は「〈1〉同書籍は15年前の事件を題材とし、既に絶版。事件関係者のプライバシーや心情を考慮し、復刊は相当ではない〈2〉職務上執筆した記事などを出版社から発行するには、社の了解が必要だが、昨年5月に出版契約を結んだ当時の社会部次長はこうした手続きを経ず、契約を結ぶ権限もなかった... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/14 23:30
4月17日(火) 「出版」はどこに向かってる?
数日前、評論家で作家の東浩紀氏が興味深いことをツイートされていた。東氏は、前に紹介した『一般意志2.0』の著者で、コンテクチュアズという出版社をつくり、『思想地図β』という本を発行している。最近、会社名を株式会社ゲンロンに変更したようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/17 23:30
4月6日(金) ダイエットの季節
自社の雑誌やWEBの企画で、毎年「ダイエットダービー」を繰り広げていた私だが、『僕が元気にヤセた理由』(加藤昌史著・弊社2009年発行)の加藤式ダイエットでダイエットに成功してからは、しばらくダイエットから遠ざかっていた。が、ダイエットというのは結局は生活習慣の改善。生活習慣が元に戻ると、じわーりじわーりと体重も元に戻ってくるのである。著者の加藤さんは相変わらずスリムな体型を維持し続けているのだが、私は今年のお正月太りからまだ脱していない。心構えが違うのよねえ。とほほ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/06 23:30
3月26日(月) 光市母子殺害事件
先月、光市母子殺害事件で被告の死刑が確定した。光市には私の実家(山口県周南市)から30分ほどで行ける。光市の「虹が浜」にはよく海水浴に行ったものだ。そんなわけで、この事件には結構関心があったのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/03/26 23:30
3月21日(水) 『一般意志2.0』
3月21日(水)  『一般意志2.0』 評論家で小説家の東浩紀氏の『一般意志2.0』(講談社)という本を読んだ。自分で小さな出版社を立ち上げて活動しているという共通点もあって、東氏にはここ1、2年注目している。この『一般意志2.0』は、私のように哲学にまったく詳しくない人間が読んでも面白かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/21 19:06
2月5日(日) 一に睡眠、二に睡眠……
久しぶりの日記の更新である。なんと、今年になってまだ2回目。サボリ癖というのは恐ろしいものである。この日記で私の安否を確かめてくれている人もいるのに、申し訳ない…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/05 23:30
1月11日(水) 第14部「本質に迫る」
気が付けば、あっという間にもう今年も11日。例年のごとく、実家で食べ過ぎて体重が増えている。これから少しずつダイエットしなくっちゃ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/11 23:30
12月19日(月) ロゼッタにとっての今年の漢字は…
財団法人日本漢字能力検定協会が発表した今年の漢字は「絆」だという。ちょっとキレイにまとめすぎ…という気がしないでもないが、「震」は1995年、「災」は2004年にすでに採用されている。1995年の阪神淡路大震災は思い出せても、2004年の災害ってなんだっけ…とすぐには思い出せない。日本って、本当に自然災害が多い国なんだよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/19 23:30
11月10日(木) 『セロ弾きのゴーシュ』がスマホで読めるようになりました
電子書籍『セロ弾きのゴーシュ』がパソコンだけでなく、iPhoneやiPad、アンドロイドでも読めるようになった。なかなかバグが直らず、これまでは画像のみ閲覧できるようになっていたのだが、やっと音声つきでも読めるように。ロゼッタストーンWEB上で、立ち読み(&立ち聞き)もできるようにしたので、ぜひ、どんなものか体験してくださいませ。最後のページでテーマソングもワンコーラス聴くことができます。http://www.rosetta.jp/books/book013.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/10 23:30
11月3日(木) 書店の力は偉大だ
先週紹介した沖縄の書店にどんなポップで『独立のすすめ』を宣伝してくれているのか、聞いてみた。送っていただいたポップを見ると、「スタッフおすすめ! 独立のすすめ 当店ロングセラーのイチオシ。その一歩をふみだしたいアナタにこそ読んで欲しい!」と書いてある。黄色い正方形のポストイット(付箋)風な紙。諭吉の顔と帯が隠れない位置に貼り付けられている。(近々ロゼッタストーンWEBで公開予定) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/03 23:30
7月9日(土) 東京国際ブックフェアと電子書籍
7日(木)に、東京国際ブックフェアに行ってきた。出版社が並んだ「東京国際ブックフェア」と「国際電子出版EXPO」が同時開催されているのだが(電子出版は9日で終了。ブックフェアは10日まで)、華やかなデモンストレーションの多い「電子出版」の会場のほうが、圧倒的に賑わっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/09 23:48
6月25日(土) 「美しの宮」からの贈り物
「テンプルビューティフル」という健康関連の店が発行している『「美しの宮」からの贈り物』という本の校了を終え、ほっと一息。今週は忙しかったなあ……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/25 23:58
6月13日(月) 宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」
6月13日(月) 宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」 7月発売予定だった芦田宏直先生の講義録の出版が秋に延びたのに続き、今月発売だった電子書籍も録音が終わらず来月に延期。どうして予定っていうのは、予定通りにならないんだろう。いまは知人の店の本(市販されないもの)をつくっているのだけど、来週月曜日に印刷所に入稿する予定なのに、いまだ原稿がそろわず…。大丈夫かなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/13 23:30
5月21日(土) わくわく電子書籍
少し前、テレビで村上龍氏が電子書籍をつくっているようすを取り上げていた。村上氏といえば、とにかく時流に敏感な人。人気作家でありながら、いち早く自分で電子書籍の会社を立ち上げ、『歌うクジラ』という電子書籍(iPad版)を出版している。私はiPadさえ持っていないので、まだ読んでいないのだけど、ネットの情報である程度の雰囲気は知ることができる。 http://www.ryumurakami.com/utaukujira/pc.html http://blog.rocketfishgogo.com... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/21 23:32
3月5日(土)日記 福沢諭吉感想文コンクール審査終了
福沢諭吉『独立のすすめ』感想文コンクールの審査が終わった。突出した作品がなかった分、すごい激戦で発表が3日延びてしまった。最終審査をお願いした猪瀬氏と芦田氏には、再度原稿を採点してもらったり、見直してもらったり、非常にお手間をおかけしてしまって申し訳なかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/05 23:30
2月19日(土) ロゼッタストーン日記…『何かのために sengoku38の告白』
2月19日(土) ロゼッタストーン日記…『何かのために sengoku38の告白』 尖閣ビデオを公開した元会場保安官、一色正春氏の『何かのために sengoku38の告白』(朝日新聞出版)という本を読んだ。先日、外国特派員クラブで開催された一式氏の記者会見の中継を見て彼に興味を持ったのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/19 22:02
2月7日(月) ロゼッタストーン日記…ジャイアン先生の本を出版します
昨日、芦田宏直先生の講義を聞きに行った。午後1時半から午後6時半までの予定が、終わったのは午後9時半。途中2回短い休憩をはさんで、先生はずっと立ちっぱなしの喋りっぱなし。芦田先生のエネルギーは半端じゃない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/02/07 23:30
1月23日(日) ロゼッタストーン日記…『独立のすすめ』感想文コンクール
『独立のすすめ』感想文コンクールの応募作品をコピーし、一次審査を担当してくださる高清水さんとつきのさんに送った。応募総数は43編。本当はもうちょっと集めたかったのだけど、締切日の4日前まで「応募数ゼロ」(!)だったことを思うと、よく集まったと思う。審査員を4名も頼んでおいて、応募者が2名とかだったらどうしようかとヒヤヒヤしていた。自分で思いついたこととはいえ、心臓に悪い企画だった…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/23 18:49
12月10日(金) ロゼッタストーン日記
昨日、無事サーバの移転完了。私が「サブドメイン」とかいうのをうまく設定できなくて、移転後、一時的にホームページが表示されなくなってしまった。でも、いまは正常に復帰している。(※その時間帯に見に来てくださった方、申し訳ありませんでした) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/10 23:30
11月22日(月) ロゼッタストーン日記
横浜市の有隣堂本店の販売促進部の人と会った。書店によっては、小さな出版社に対して「何様!?」という態度を取る人もいるのだが、こちらの担当者はとっても感じのいい人だった。有隣堂各店舗に『独立のすすめ』と感想文コンクールのチラシを置いてくれるそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/22 20:20
10月29日(金) ロゼッタストーン日記
一昨日、私の実家がある山口県周南市八代にナベヅルの第一陣が飛来したそうだ。昨年より6日早い渡来だとか。夏の猛暑がうそみたいに、ここ数日で一気に冷え込んだもんねえ。それにしても、毎年忘れずに同じ場所にやってくるツルの能力は素晴らしい。道路ができたり、区画整理が進んだり、空から見た風景はずいぶん昔と変わったはずなのに……。方向音痴の私もあやかりたいものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/29 23:30
10月28日(木) ロゼッタストーン日記
福沢諭吉「独立のすすめ」感想文コンクールの受付を開始した。 http://www.rosetta.jp/concours/2010.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/28 23:30
10月26日(火) ロゼッタストーン日記
昨晩、電子書籍のセミナーに行ってきた。オーバルリンクという団体と、デジタルハリウッド大学という専門大学と、『ブックビジネス2.0』という本を出した人たちの主催。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/26 23:30
10月24日(日) ロゼッタストーン日記
前回の日記に書いた佐藤秀峰氏が、無料公開による効果をブログに書いている。 http://mangaonweb.com/creatorDiarypage.do?p=1&cn=1&dn=30913&md=1 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/24 21:03
10月21日(木) ロゼッタストーン日記
佐藤秀峰さんという漫画家が、「漫画 on WEB」というサイトで作品を無料公開している。 http://mangaonweb.com/creatorOnlineComicTop.do?cn=1 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/21 23:30
10月12日(火) ロゼッタストーン日記
秋の読書週間に向けて、「感想文コンクール」の準備中。現代の中・高校生たちに「自由」や「平等」なんてことを堂々と真正面から問いかける機会はそんなにないはず。頑張って成功させなくちゃ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/12 23:30
10月4日(月) ロゼッタストーン日記
今年になって、「検察がおかしい」「検察がこわい」と何度も日記に書いてきたのだが、とうとう検察幹部が何人も逮捕される事態に発展。さすがにどのマスコミも検察の問題点を大々的に取り上げ始めてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/04 23:30
9月27日(月) ロゼッタストーン日記
堀江貴文氏の初小説『拝金』を読んだ。当初読むつもりはなかったのに、ツイッターで何度も書名を見ていると、だんだん気になってくる。ツイッターには洗脳効果があるようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/27 23:30
9月24日(金) ロゼッタストーン日記
「暑さ寒さも彼岸まで」というけれど、本当に涼しくなった。この前までの猛暑がウソのよう。いよいよ秋本番だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/24 23:30
9月15日(水) ロゼッタストーン日記
電子書籍には関心がある人が多いようで、いろいろ情報が寄せられてくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/15 23:30
9月13日(月) ロゼッタストーン日記
電子書籍について、他の版元からまた意見をもらった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/13 23:30
9月9日(木) ロゼッタストーン日記
取引先の印刷会社が電子書籍の販売サイトをつくったという。販促活動の一環なので、その会社で印刷した場合、電子書籍への費用は特にかからない。書籍の定価は出版社が決められる。売上があった場合の手数料も格安。……ということで、とりあえず実験的に、著作権が切れている『独立のすすめ』を電子書籍化してみることにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/09 23:30
8月20日(金) ロゼッタストーン日記
今日は、ロゼッタストーン11回目の創立記念日。……ということを友人からのメールで思い出した。時々、「もうすぐ11年…」なんて思っていたのだけど、当日になったらコロリと忘れていたのだ。イェーイ。創立11周年、おめでとう! パチパチパチ。(←自分で祝う) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/20 23:30
8月14日(土) ロゼッタストーン日記
『独立のすすめ』が面白かったという感想がポツポツと届く。福沢諭吉のことは、日本人誰もが知っているけれど(なんたって、お札の顔だし)、「天は人の上に人をつくらず人の下に人をつくらず」以外に、彼が何を言ったかを知っている人は少ないだろう。諭吉はこんなことを言ってるんだよね…というのは、ちょっとした雑談ネタにもなるので、ぜひご活用くださいませ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/14 18:23
8月13日(金) ロゼッタストーン日記
「最近、日記が更新されていないけど、お元気ですか?」というメールをもらった。気がつけば、前回の更新からもう10日間も経っているのだ。「わたしゃ浦島太郎かい」っていうぐらい、時間の感覚がわからなくなっている。 24時間が経つ感覚=24時間÷(年齢+忙しさ)  ていう法則を、どこかの物理学者が発見してくれる日は近いと思うな……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/13 23:30
7月26日(月) ロゼッタストーン日記
「朝学読書がある息子にプレゼントします」と『独立のすすめ』を注文してくださった女性がいる。 その方は、You Tubeで、大沢たかおさんが古書店を訪ねた番組を息子さん(中1)と見ていて、「解体新書」と「学問のすすめ」があることに驚き、「見てみたいね〜」と話していたのだとか。 http://www.youtube.com/watch?v=gx2IuL_Vc0Q&feature=related ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/26 23:30
7月20日(火) ロゼッタストーン日記
『独立のすすめ』は予定どおり、7月23日に取次に納品できそうだ。書店に届くのは26日。どうぞどうぞ、売れますように! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/20 23:30
7月9日(金) ロゼッタストーン日記
新刊『独立のすすめ』校了! ほんとは昨日が校了だったのだけど、今朝になって追加で修正したいところが見つかり、あわてて印刷会社に連絡。なんとか間に合って、ほっとしたところ。あー、疲れた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/07/09 23:30
7月1日(木) ロゼッタストーン日記
あっという間に今年も後半。今年の前半自分は何をやっただろうと考えると、まったくたいしたことをやってない。まだなんちゃあなしとげとらんぜよ……と、龍馬風に反省。でも、この間にいろいろ構想が生れたので、後半は頑張るぜよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/01 23:30
6月18日(金) ロゼッタストーン日記
昨晩、ソフトバンクの孫社長と、経済学者の池田信夫氏の対談をネットで見た。日本全国にくまなく光ファイバーをはりめぐらせる「光の道」構想をめぐって、オープンの場で議論しようというものだ。先日は、ジャーナリスト佐々木俊尚氏と孫社長の対談が行われた。今回は第2弾だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/18 23:30
6月13日(日) ロゼッタストーン日記
「ハーバード白熱教室」(NHK教育テレビ)を見終わったところ。今日のテーマは「愛国心」。サンデル教授の授業はやっぱり面白いなあ。授業を受けている大学生たちも、さすがに優秀で、みんなしっかり意見を主張している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/13 21:13
6月10日(木) ロゼッタストーン日記
『明日の広告』(佐藤尚之著・アスキー新書)、『Me 2.0』(ダン・ショーベル著・日経BP社)、『稼げる超ソーシャルフィルタリング』(堀江貴文著・青志社)を読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/10 23:52
5月28日(金) ロゼッタストーン日記
私が注目していた厚生労働省、村木厚子さんの裁判で、彼女の無罪がほぼ確定的になってきた。大阪地裁が26日、検察側請求の供述調書のほとんどを証拠採用しなかったのだ。横田裁判長は、「あらかじめストーリーを描き、検事が誘導した可能性が高い」と、大阪地検特捜部の捜査手法を厳しく批判したという。やっぱりねー。素人が見たって、検察はめちゃくちゃだったもの。 http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20100527ddm003040108000c.html... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/28 23:30
5月22日(土) ロゼッタストーン日記
『アタマがよくなる勉強会』(田原総一朗責任編集・教える人/茂木健一郎・アスコム)を読んだ。茂木さんはもともと話がうまい人だけど、やっぱり田原さんは、インタビューが上手だなあ。茂木さんのいろんな考えをわかりやすく引き出している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/22 23:30
5月20日(木) ロゼッタストーン日記
先日の日記で、30代の人をほめたけど、10代もすごい。ツイッターでまわってきた情報でたまたま読んだインタビュー記事(「お前の目玉は節穴か」)。「LIKTEN MAGAZINE」という雑誌を高校時代につくった小田明志(おだあかし)君の話にすごく刺激を受けた。 http://webmagazine.gentosha.co.jp/fusianasan/index.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/20 23:30
5月18日(火) ロゼッタストーン日記
『UNITED PEOPLE』(ユナイテッドピープル・関根健次著・ナナロク社)という本を読んだ。ユナイテッドピープルという会社は、「人と人とをつなぎ、世界の問題を解決する」をスローガンに、クリック募金(「イーココロ!」)などの社会貢献活動をしている会社である。 http://unitedpeople.jp/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/18 23:30
5月15日(土) ロゼッタストーン日記
『アメリカからが消える』(堤未果著・扶桑社新書)を読んだ。アメリカといえば、「銃を持つのも自由だ!」っていうくらい、「自由」にこだわるイメージがあったのだけど、9・11以来、「安全」のために少しずつ「自由」が削られているようだ。例によって、ざくっと内容をまとめてみると……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/15 08:16
5月6日(木) ロゼッタストーン日記
あっという間にゴールデンウィークが過ぎ去ってしまった。やりたい仕事がたくさんあったのに、全然進んでいない。とほほ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/06 19:54
4月26日(月) ロゼッタストーン日記
最近、時々変な夢を見る。映画『アリス・イン・ワンダーランド』と、フランスで開催中の「北野武/ビートたけし特別展」の記事を読んだ影響か、たけしがつくった不思議なワールドで、友人と2人さまよう夢を見た。友人がなぜか片方の靴を隠されて探していると、「はい。あなたもこれでシンデレラ体験」とたけしが言ったというオチ。人間って寝ていてもくだらないことを考えるものだなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/26 22:43
4月18日(日) ロゼッタストーン日記
NHKの『龍馬伝』に勝海舟役として、私の苦手な武田鉄矢が登場。あーん、せっかくの『龍馬伝』なのに…と思っていたら、今回の武田さん、意外にイケる。喋り方が江戸弁で、普段と感じが違うし、侍姿で髪型も違うし、メイクも違うし…、なあんだ。全然大丈夫だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/18 23:30
4月9日(金) ロゼッタストーン日記
ITジャーナリストの佐々木俊尚さんの本『電子書籍の衝撃』を読んだ。現在、版元のディスカバー トウェンティワンが電子書籍版を110円で買えるキャンペーンを実施中。(4月14日正午まで) http://store.d21.co.jp/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/09 23:30
4月5日(月) ロゼッタストーン日記
久しぶりにじんましんが再発。初めてじんましんが出たときは焦ったけど、今回は2度目なので、私の対応も慣れたもの。薬をもらいに病院に行くと、「じんましんは、原因がわからない場合が圧倒的に多いんだよねー」と先生。皮膚科の先生も再発患者に慣れているようで、じんましんが出ているところを診せろとも言わない。実際、診るまでもないのだろう。とりあえず、前回最後に飲んでいた薬を20日分。今回は軽いうちに対処したから、早く治るといいのだけど。薬が効いたのか、かゆみはなくなってきた気がするな……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/05 23:30
4月4日(日) ロゼッタストーン日記
『フリー からお金を生み出す新戦略』(クリス・アンダーソン)という本を読んだ。無料のビジネスが結果的に収益を生む例を、たくさんの事例を集めて解説、分析している。話題になっている本だけあって、興味深いところがいろいろあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/04 14:31
4月2日(金) ロゼッタストーン日記
昨日、エープリルフールで「参議院選挙に立候補する」とWEBの日記に掲載したら、友人が本気にして電話をくれた。もちろん、真っ赤なウソ。「美人すぎない議員として評価された」というあたりが、ジョークになっていなかったのかも。もし、他にも本気にした人がいたらごめんなさい。来年はもっと奇想天外なウソを考えよう。(☆記事はすでに削除しています) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/02 23:30
3月20日(土) ロゼッタストーン日記
昨日の日記に、IT業界に勤める知人からさっそく突っ込みが入った。すぐに修正できるのが、インターネットのよいところ。私が間違った解釈をしないように、角川氏に対抗する彼の意見をそのまま引用させてもらおう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/20 08:49
3月19日(金) ロゼッタストーン日記
『クラウド時代と』(角川歴彦)を読んだ。角川書店は、出版界の中でも映画やゲームソフトなど他メディアへの進出が飛びぬけている会社だ。一般に出版界はIT戦略が遅れているのだけれど、歴彦氏はさすが角川グループの会長。60代なのに、IT社会の未来について、大胆な予想と提言を行っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/19 23:47
3月13日(土) ロゼッタストーン日記
『高校生からわかる「資本論」』(池上彰・集英社)という本を読んだ。難しい本を驚くほどわかりやすく解説してくれている。経済の苦手な私でも、読むとなんとなくわかった気になる。素晴らしい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/13 19:57
3月7日(日) ロゼッタストーン日記
鳥取の出版社、オープンネットから新刊が送られてきた。ここは、地方発で、全国展開の雑誌を発行した元気な会社である。私もちょっとだけお手伝いしていた雑誌『イエヒト』は、残念ながら昨年休刊してしまったのだが、今年は書籍を発行することにしたらしい。それが、なんと小説。おー、いきなり小説ですか…とちょっと驚いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/07 22:38
2月23日(火) ロゼッタストーン日記
友人から『冤罪ファイル』という雑誌があるから読んでみたらいい…と勧められ、買ってみた。この雑誌不況時代に、「冤罪」のみを扱った雑誌が成立するというのがすごい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/23 23:30
1月26日(火) ロゼッタストーン日記
今日の朝日新聞の夕刊に、「各地で書店が消えている」という記事が載っていた。全国ではこの10年間で6403店減少したのだという。で、書店減少率が高い上位5県は、1位から、和歌山、山口、佐賀、秋田、大分の順。なんと、私の地元、山口県が書店減少率の高さ第2位! 2000年に253店だった書店が、2010年には156店になっている。県内から書店が100店舗もなくなったなんて悲しすぎる。山口県人は本を読まないのかいっ!(1位の和歌山県は257店⇒137店) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/26 23:09
1月15日(金) ロゼッタストーン日記
今年は「国民読書年」だそうである。ちなみに私のパソコンで「こくみんどくしょねん」と打つと「国民毒初年」と出てくる。どんな毒が出てくるのか、これはちょっとこわい。「国民読書年」のキャッチコピーは「じゃあ、読もう」なのだとか。なんとなく投げやりなキャッチコピーですこと。(おっと「毒」を吐いてしまった) ※国民読書年について詳しいことは財団法人文字・活字文化推進機構のWebサイトをご覧ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/15 23:30
12月15日(火) ロゼッタストーン日記
日曜日の新聞に、「書籍・雑誌の推定販売金額が21年ぶりに2兆円を割り込むことになった」という記事が出ていた。96年が過去最高の2兆6563億円で、その後は減り続けているという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/15 23:30
12月12日(土) ロゼッタストーン日記
木曜日にキャラメルボックスの公演『エンジェル・イヤーズ・ストーリー』を観に行った。会場に行ってびっくり。お客さんが……少ない。いつも行ったらほぼ満席というのが普通なので、空席がたくさんある状況はキャラメルボックスに似合わない。やっぱり不況の影響が大きいんだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/12 23:30
12月2日(水) ロゼッタストーン日記
ロゼッタストーンWEBで新連載が始まった。三笠加奈子さんの『ドイツB級グルメ探偵団』。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/02 22:37
11月6日(金) ロゼッタストーン日記
私の出身地、山口県周南市の八代に今年も鶴がやってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/06 23:30
10月28日(水) ロゼッタストーン日記
これまでキャラメルボックスの本は、公演初日に合わせて発行してきたのだが、『僕が元気にヤセた理由』、は加藤さんのお誕生日(10月25日)に合わせたので、冬の公演(11月6日〜)まで少し時間がある。で、いつもなら公演で買う方々が、待ちきれずに書店やネット書店で買ってくださっている(ような気がする)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/28 23:30
10月23日(金) ロゼッタストーン日記
明日はいよいよ『僕が元気にヤセた理由』の発売日。amazon、版元ドットコムなどの書籍販売サイト、ロゼッタWEBでも受付が開始された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/23 23:30
10月20日(火) ロゼッタストーン日記
総合ジャーナリズム研究所の「ジャーナリズム研究」という雑誌の取材を受けた。ジャーナリズムについて長年ウォッチングしている硬派な雑誌で、社団法人東京社というところが発行している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/20 23:30
10月14日(水) ロゼッタストーン日記
今日も引き続き、書店まわり。今日はビジネス街を中心にまわったせいか、昨日よりも書店員さんの反応がいい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/10/14 23:30
10月6日(火) ロゼッタストーン日記
『僕が元気にヤセた理由(わけ)』を昨日無事、入稿。今日最終的な校正をして、問題なければ明日下版。8、9日で印刷して、来週製本、15日には見本が仕上がってくる予定である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/06 21:51
9月28日(月) ロゼッタストーン日記
来月発売の新刊『僕が元気にヤセた理由』の入稿が近づき、バタバタしている。発行が予定よりも大幅に遅れ、たーっぷり時間があったはずなのに、どうして最後はこんなにバタバタしちゃうんだろう。毎回、まるで進歩がないなあ…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/28 23:30
9月20日(日) ロゼッタストーン日記
今日更新された「外国特派員クラブの窓から」を読んでいて面白いなあと思ったのは、イタリア人記者の今回の政権交代に対するこんな質問。 「開票結果が出たので町で踊りだしたり噴水に飛び込む絵を取って来い、とカメラマンを送り出したが、ビデオ・テープが空白のまま帰社してきた。日本人はなぜ欣喜雀躍しないのか」 イタリア人にしてみると、選挙で勝利するというのは、阪神ファンが阪神優勝で大喜びするのと同じような感覚なんだなあ…と新鮮だった。日本人の多くは今回の政権交代を歓迎しているけど、踊りだしたいような喜びと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/20 23:30
9月7日(月) ロゼッタストーン日記
「ゴマブックスが民事再生法の適用を申請した」というニュースが飛び込んできた。負債額は約38億2000万円だという。毎日新聞によれば、ケータイ小説の「赤い糸」シリーズが累計330万部のベストセラーとなり、今年1月期には、年売上高約32億3200万円を計上していたそうだ。そんなに売上があってもつぶれちゃうの!? と驚いた。在庫を抱えすぎてしまったのか、返品が多かったのか、それとも他の事業で失敗したのか…。うーん。大手は大手で大変だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/09/07 23:30
7月13日(月) ロゼッタストーン日記
今日の体重、48g、体脂肪率22%。体が乾いた状態で量ったので、体脂肪率が高め。これがお風呂上りだと、電気を通しやすいから3〜5%は体脂肪率が低く出るのだ。いつも同じ状態で量ればいいのにね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/13 13:42
7月9日(木) ロゼッタストーン日記
今日の体重、49.8kg、体脂肪率17%。いつもは空腹時にはかっているんだけど、今日は食後だったのでこの数字。体脂肪率は下がっているけど、体重が大幅増加。食べすぎなのか、体重が増えているのか……。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/09 23:30
6月26日(金) ロゼッタストーン日記
今朝の体重48.8kg。体脂肪率18%。このところ、48kgと49kgの間をうろうろしている。なかなか一気には減らないものだなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/26 23:30
6月1日(月) ロゼッタストーン日記
さっきお風呂上りにはかったら、体重49.2kg。体脂肪率19%。ついに憧れの体脂肪率10%台の体型に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/01 23:30
4月17日(金) ロゼッタストーン日記
今朝の体重50.2kg、体脂肪率20%。いよいよ、夢の40kg台、憧れの体脂肪率10%台が見えてきた。最初に始めたときが56kgで体脂肪率が26%だったから、体脂肪の量は56×0.26=14.56kg。今日の体脂肪は、50.2×0.2=10.04kg。減った体脂肪は、14.56− 10.04=4.16kg。おおっ! 4kg以上減ってる! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/17 23:41
11月3日(月) ロゼッタストーン日記
文京区にある印刷博物館(TOPPAN 小石川ビル)に行ってみた。ビルの前はよく通っていたのだが、中に入ったのは初めてである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/03 23:30
9月25日(木) ロゼッタストーン日記
ロゼッタストーンがお手伝いしている、建築雑誌「イエヒト」の入稿が無事終わった。「イエヒト」は、建築士さんたちが発行している、鳥取に本社がある出版社。編集をしているのは本社のスタッフで、東京の外部スタッフとの打ち合わせや、印刷会社との連絡などをロゼッタストーンが請け負っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/25 23:30
7月12日(土) ロゼッタストーン日記
7月10日から13日まで東京ビックサイトで開催されている「東京国際ブックフェア」。私は初日に駆け足で見てきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/12 23:30
3月3日(月)
出版社が注文を受ける場合、書店から直接電話(orFAX)がある場合と、取次から連絡がある場合、読者から直接注文がある場合の3パターンがある。書店の場合は、直接お客さんと接しているので、本が入荷したかしないかには敏感である。問題なのは取次からの注文で、大手取次になると、「本は届いてますか?」と連絡しても、注文した品が入荷したかどうか、まるで把握できていないのである。本の点数があまりにも膨大なので処理しきれないのだろうけど、不思議な話だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/03 23:30
3月1日(土)
髪の毛を茶髪にした。アユムの妹さんが美容師さんとしてヘアカラーの修業をしているので、モデル(実験台?)になったのである。髪型はいろいろ変えた経験があるけど、本格的に髪を染めるのは実は初めて。どうせなら髪型も変えようと、美容院に行って髪型もショートにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/01 23:30
2月20日(水) ロゼッタストーン日記
最近、この日記をサボリがちである。会社設立当初は日曜も祭日も関係なく日記を書き続けていたのが、いつしか、土日祝日を休むようになり、最近では平日の日記まで休みがち。いかん、いかん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/20 23:30
1月31日(水)
あっという間に1月が終わってしまった。この前お正月だったのに、このスピード感はなんなんだろう。「光陰矢のごとし」とはよく言ったものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/31 23:30
1月29日(火)
某取次から「一度に2冊同時に出すなんてことをせず、1年を通じてまんべんなく出版してほしい」と要求された。『困中記』と『誰にでもできる極真カラテ』の発売日が同じになったのはまったくの偶然で(2人の著者が関係する大きなイベントがほとんど同時期だったのだ)、そのために非常に大変な時間も過ごした。(できることなら、うちだって期間を空けて出したかったんですけどね)と、心の中でつぶやきつつ、「はい、頑張ります!」と前向きの返事。ま、実際にはロゼッタで手がける本が同じ発売日になる確率のほうがよほど少ないのだか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/29 23:30
1月23日(水)
今日の東京は雪。雪の中を歩くのは久しぶりだったので、ちょっと嬉しかったけど、でもやっぱり寒い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/23 19:13
1月22日(火)
amazonで『困中記』の在庫がなくなり、「3〜5週間で発送」になっていたので、amazonに本を卸している取次に連絡すると20冊追加注文してくれた。こういう地道な努力が必要なのよね……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/22 23:30
1月16日(水)
「広辞苑」の第6版が発売された。10年ぶりの改訂で、朝日新聞によれば、予約だけで34万部に達したという。さすが「広辞苑」。これだけ電子辞書が普及しても、やっぱり根強い人気だ。「辞書といえば広辞苑」みたいに、何かの代名詞になるぐらい浸透すれば、簡単にはすたれないのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/16 17:30
1月11日(金)
昨年暮れ、知人が『書肆アクセスという本屋があった』という本を送ってくれた。「書肆」(しょし)というのは本屋とか書店という意味。「書肆アクセス」という本屋は2007年11月に閉店した、神保町すずらん通りにあった書店。他で扱っていないような地方出版物を集めていたので、根強いファンが多かったらしい。(正直言って、私は行ったことがなかったのだけど) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/12 01:46
1月10日(木)
中堅出版社の草思社が民事再生法の適用を申請したという。『声に出して読みたい日本語』などのベストセラーがある出版社。出版不況の時代のなかでは、そこそこ順調なほうかと思っていたのに、出版業界って本当に厳しいんだなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/10 23:30
12月26日(水)
なんと、キャラメルボックス公演の千秋楽で、『困中記』は125冊も売れたのだとか! うちが納品した本が結局9冊しか残らなかったらしい。1公演でこの冊数はちょっとすごい。サンシャイン劇場の基本座席数は832席なので、多少の変動があったにしても、10人に1人は買ってくれた計算になる。菅野さんは年に1度か2度しか出演しない俳優さんなのに、人気があるんだなあ……。キャラメルボックスの次回公演は来年2月。人気俳優・上川隆也さんも出演するので、ぜひ、みなさん、観に行ってくださいねー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/26 23:30
12月24日(月)
お昼ごろ、キャラメルボックスから『困中記』の追加注文があった。なによりのクリスマスプレゼントである。「10冊でも20冊でも足りなくなったらいつでも持っていきますよ〜」と伝えてあったのだが、なんと150冊の注文。今日の公演ですでに足りなくなりそうなので、午後3時までに届けてほしいという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/24 23:30
12月21日(金)
『困中記』の重版本が出来上がった。本文を濃い茶色にしてみたら、初版本よりも軽い感じに仕上がった。たとえて言えば、黒髪の子がおとなし目の茶髪にした感じかな。「こっちのほうが絶対いい!」という人もいれば、「初版本のほうが読みやすい」という人もいる。好みによって評価が分かれそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/21 23:30
12月19日(水)
今回の「困中記」の増刷は、500部だけ刷ってようすを見ることにした。キャラメルボックスのクリスマス公演が今月25日まであるので、その間の在庫を切らしたくなかったのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/19 23:30
12月14日(金)
『困中記』の重版が決まった。日程的、予算的に今回は無理かなあ…とほとんど諦めていたのだが、たまたま挨拶に来てくれた印刷会社の人に相談すると、なんとかこちらの条件に合わせてくれるという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/14 23:30
12月12日(水)
キャラメルボックスから『困中記』の二度目の追加注文があった。東京公演でも売れ行きは好調を維持しているらしい。これも、著者の菅野さんがカーテンコールで、加藤さんが前説で宣伝してくれているおかげである。感謝、感謝。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/12 23:30
12月6日(木)
キャラメルボックスの『トリツカレ男』を観に行った。主人公は、何かに取り付かれると、とことん極めるまでやり続ける「トリツカレ男」。そんな彼が女性に恋をしてしまって……というお話だ。観終わって心がほんわかしてくるキャラメルボックスらしいお芝居だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/06 23:30
12月5日(水)
数日前、ロゼッタストーンの元大学生スタッフがコピーライターとしての初仕事をした…といってメールをくれた。こういう近況報告は非常に嬉しい。近々遊びにも来てくれるらしいので会うのが楽しみだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/05 23:30
12月1日(土)
ロゼッタストーンの書籍はamazonへの配本数が少ないため、『困中記』も『誰にでもできる極真カラテ』も発売と同時に在庫が切れてしまって、「3〜5週間以内の発送」という表示になっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/12/01 18:00
11月29日(木)
今日は『困中記』『誰にでもできる極真カラテ』の発売日!……のはずが、いきなり朝から「本が届かない」と、書店から苦情の電話がかかってきた。お客さんが本がないのに怒って「もういらない!」と帰ってしまったのだという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/29 18:00
11月27日(火)
ロゼッタが参加している中小出版社の集まった書籍販売サイト、版元ドットコムから「近々、アクセスランキングを公開するかもしれない」という連絡がきた。で、参考のために先週のアクセスランキングを発表するという。まあ、そういう試みもいいんじゃないの…と、ぼーっと読んでいたら、先週(2007年11月18日〜2007年11月24日)のアクセスランキング一位は、なんと、季刊ロゼッタストーン第7号だという。ええーーっ!! 1万8千点を超える登録書籍のなかで、なぜ、休刊中のロゼッタストーンが………??? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/27 23:30
11月25日(日)
キャラメルボックスの名古屋公演が22日で終了。『困中記』が予想以上に売れている。さすがキャラメルボックスだ。今月29日から始まる東京公演でも、どうかこの調子で売れますように……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/25 23:30
11月17日(土)
渋谷の書店をまわっていると、大型店のブックファースト渋谷店がなくなっていて驚いた。ビルの建て替え工事のため先月閉店したらしい。それに代わって、ハチ公前の以前旭屋書店があったところに新しくブックファースト渋谷文化村通り店が開店していた。ブックファーストは来年秋、西新宿に大型店をオープンさせるのだとか。渋谷は活字文化が廃れつつあるのかな…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/17 23:30
11月15日(木)
某出版社では、書店向けの新刊案内に、必ず営業マンが手書きの推薦文をつけているのだとか。電子化が進んだ時代だがそこだけは「熱意」を示す手段として、はずせないという。つまり、手書きのコメントをつけるかつけないかで、書店の反応が違うということなのだろう。年賀状に手書きの一言コメントをつけると好感度が上がるようなものかしらね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/15 23:30
11月13日(火)
印刷会社の担当者が、『困中記』と『誰にでもできる極真カラテ』の見本を持ってきてくれた。『困中記』はもう完成しているが、『誰にでもできる極真カラテ』はまだ製本所で製本されている途中。まさに出来たての1冊である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/13 23:30
11月12日(月)
何ヶ月か前に、「病院や施設に寄付する本を買い取る」という業者に、ロゼッタストーンの在庫を引き取ってもらったことがある。雑誌だし、何年も前のものだし、どこかで誰かが読んでくれるならそれもいいかな……と思ったのだ。それは社会貢献事業で、企業に広告をもらって本にステッカーを貼り、施設に寄付するとのことだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/12 23:30
11月9日(金)
今回のカラテ本は、入稿をギリギリまで印刷会社に待ってもらったので、校正は出張校正で、訂正部分は印刷会社のパソコン上で確認する…という状況だった。今日「刷り出し」が出て、印刷された状態でも訂正が直っていることを確認。あとは本当に本になるのを待つばかりである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/09 23:30
11月8日(木)
『困中記』に続いて『誰にでもできる極真カラテ-入門編-』を校了し、ほっと一息。いろんなトラブルが続出して、大変な2週間だった。ロゼッタストーン創立以来、こんなに日記をサボったこともないんじゃないだろうか。正直、日記を書く時間も気力も体力もなくなっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/08 12:56
10月19日(金)
『困中記』『極真空手』の入稿を来週にひかえ、それに他の仕事も重なったりして、ロゼッタストーンは連日、戦場のような慌しさ。そういうときに限ってパソコンの調子が悪くなったり、コピー機が紙詰まりをおこすようになったり、カギを忘れて出かけてしまって事務所に入れなくなったり……と、なにかとトラブルが続くのである。(カギを忘れるのは、トラブルというより、アホなだけか…) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/19 23:30
10月13日(土)
ここ数日、「がっかり」するようなことが続いた。がっかりするようなことの原因をよくよく探ってみると、結局は自分に原因があるのでは…と思ったりして、よけいにがっかりし、ため息をつく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/13 23:30
10月10日(水)
ニンテンドーDSが「文学全集」というソフトの発売を始める(10月18日発売・希望小売価格2800円)。本を紙ではなく電子ブックで読ませようという試みは、もう随分前からされているのだけど、電子ブックは端末が高いこともあって、いま一つ普及してこなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/10 23:30
10月7日(日)
小学館や集英社、文芸春秋などの大手出版社が、絶版手前の「在庫僅少本」をネットで半額で販売する試みを始めるという(朝日新聞より)。出版業界には「再販制度」というのがあって、定価での販売が義務付けられている。これまでは、期間を区切ったフェアとか、雑誌の定期購読者とか、割引販売をするのは例外的だった。しかし、読者としては、安い本を買いたい。その需要を受けて業績を伸ばしたのが新古書店「ブックオフ」や、「amazon」のマーケットプレイスなどのリサイクル本だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/07 23:30
9月25日(火)
今日は中秋の名月。お月様がとてもキレイだった。ただ丸いだけなのに、光っているものはどうしてキレイに見えるのかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/25 23:30
9月10日(月)
ロゼッタストーンでは現在、縁あって極真空手の本を製作中。もっとも、私自身は格闘技にはまったくうといので、今回の編集は、格闘技の専門編集者にお願いしている。ロゼッタストーンが出す本としては、初めて私が積極的に編集に関わらない本ということになる。一人でなにもかも…となると限界があるから、これからはこういう本も少しずつ増やしていかないとね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/10 23:30
8月29日(水)
「ビジネス発想源」の弘中さんのところで、キャラメルボックスの加藤さんをゲストに招いたイベントを開催するそうだ。 ⇒発想源ライブプレミアム ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/29 23:30
8月28日(火)
雑誌の入金のことで某取次と話をした。残金を入金してもらうためには、雑誌の取引口座を解約しないといけないらしい。「次の本を出すまでは、前の本のお金は払わない」という取次ルールは、書籍だけでなく、雑誌にも適用されているのだった。うーん。知らなかった。ちゃんと前もって説明してくれればいいのにね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/28 23:30
8月17日(金)
ロゼッタストーンが雑誌を休刊したのは2005年1月。返品が戻ってくるため、最後に発行した号の入金は2年後になるということだった(通常の支払いは7ヵ月後)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/17 23:30
8月9日(木)
数年前、知人に紹介され、ある出版社の仕事の手伝いをしかけたことがあった。ロゼッタストーンがインタビューした某有名人の本を出版したいというので、協力したのである。結局、初版の発行部数で著者と出版社の折り合いがつかず、その企画は流れてしまった。(その直後、交渉した有名人が偶然再ブレイクし、翌年、彼の著書はベストセラーになった。皮肉なものである) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/09 23:30
8月8日(水)
印刷会社と取引があるという会社の人と話す機会があった。 「印刷業界も、たぶん、これから再編が進みますよ。ある程度の規模がないと、生き残れなくなるんじゃないですかね。それに紙にこだわっていては、生き延びられない。これからは、サービスの時代だと思いますよ」 その会社も、従来の業務以外に、新しい分野への進出を考えているようだった。ふーむ。サービスねえ……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/08 23:30
7月31日(火)
ロゼッタストーンの雑誌の在庫を、一部を残して病院や施設などに寄贈しているという業者に引き取ってもらった。誰かに読んでもらえる可能性があるのなら、このまま眠らせておくよりはいいかな…と判断したのだ。※ロゼッタストーンをどこかで見かけたら教えてくださいね! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/31 23:30
7月26日(木)
ロゼッタストーンのすぐ近所にある武蔵書店が今月末で休業してしまうという。深夜遅くまで頑張って営業している書店だったのに、やっぱり時代の波には逆らえなかったのか……。日本では、毎年、街の小さな書店が約1000店ずつ廃業しているという。書店に限らず、小さな商店が生き延びるのが難しい時代だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/26 23:30
7月23日(月)
台風で延期になったトークショーの日程が、8月26日に決まった。場所と時間は前回と同じ(渋谷・大盛堂書店駅前店3Fイベントスペース:19時開始)。今度こそ、台風がきませんように。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/07/23 23:30
7月10日(火)
約1カ月前に年金加入記録の照会を社会保険丁に申し込んだら、数日前に、ユーザーIDとパスワードが送られてきた。それを使って、自分の年金記録を調べてみると……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/10 23:30
7月9日(月)
「ご不要の書籍を買い取って、病院や各種施設に無料で配布します」というFAXが最近よく送られてくる。なぜ、買い取りなのに「無料」で配布する事業が成り立つんだろうと、問い合わせをしてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/09 23:30
7月5日(木)
東京国際ブックフェアが始まった。今年の基調講演は、田原総一朗氏。私は午後から予定があったので、午前中の田原氏の講演だけを聞きに行った。田原氏はテレビと活字の違いなどについて語ってくれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/05 23:30
7月3日(火)
多くの情報がネットで得られるようになった今、紙媒体の価値はどこにあるのだろう…と考えることがある。出版界にいる私自身が雑誌をあまり買わなくなり、もっぱらネットで調べ物をすることが多くなった。すぐに探せる、無料で探せる、たくさんの情報がある…というのは、なんといってもネットの魅力である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/03 23:30
6月26日(火)
以前、「ビジネス発想源」で紹介されていたブックオフ社長、橋本真由美氏の『お母さん社長が行く!』(日経BP)を読んだ。橋本氏が、パートから一部上場企業のトップになるまでの体験談をまとめたものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/26 23:30
6月14日(木)
最近、「こんな本をおたくの会社で出版しませんか?」という企画の持ち込みが増えている。山のようにある出版社のなかで、なぜロゼッタストーンなのだろう。片っ端から出版社にあたっているのか、この会社だったら出版してくれそうと思ったのか、ロゼッタストーンが出している出版物に興味を持ったのか……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/14 23:30
6月8日(金)
グッドウィルとコムスンはなぜお詫び会見をしないんだろう…と昨日の日記に書いたら、早速、今日記者会見をやっていた。きっと、あっちこっちから同じような批判の声があがったんだろうな……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/08 23:30
6月5日(火)
ビリーズブートキャンプは、7日間試した結果を提出すると5000円のキャッシュバックがある。アユムが「5000円返ってきましたよ」というので、近所のイタリアンレストランに食事に行った。いったん払ったお金の一部が戻ってきただけなのだが、臨時収入のようでなんだか得した気分になる。そういえば、光ファイバーにしたときも、「半年使い続けたら1万円キャッシュバックします」キャンペーンに乗せられたのだった。人間の心理って単純ね……(私が単純なのか?) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/05 23:30
5月28日(月)
中小出版社の集まり「版元ドットコム」の総会に参加。最初に業界紙の方が最近の出版動向を解説してくれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/28 23:30
5月24日(木)
季刊ロゼッタストーンをずっと定期購読してくれていた男性から電話があり、ロゼッタで出している書籍のリストを送ってほしいとのこと。片付け物をしていて雑誌を見つけ、懐かしくなったのだという。まだ雑誌を捨てずに取っておいてくれたんだと嬉しくなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/24 23:30
5月23日(水)
「はしか」が流行している。私の世代から見ると、「はしか」で大学が休講になるなんて、びっくりである。「はしか」は子ども時代にほとんどの人が終えるもの……という印象がある。昔は「はしか」にかかるほうが普通だったのだろう。調べてみると、麻しん(はしか)ワクチンが定期接種になったのは、1978年10月以降なのだとか。なるほど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/23 23:30
5月1日(火)
西田文郎氏の『NO.1理論』(三笠書房)という本を読んだ。西田氏はイメージトレーニングの第一人者。夏の甲子園大会で二連覇を果たした駒大附属苫小牧高校や、女子バスケットボールで10年連続日本リーグ優勝を達成したシャンソン化粧品、プロ野球の桑田真澄投手、バレーボールの大山加奈選手などの指導もしてきたという。高校の野球部がイメージトレーニングの指導者を呼んでいるというのも意外だったし、桑田投手があの年齢で大リーグに挑戦したのも、もしかしてイメージトレーニングで不安を消したのかしら…なんて勝手に思ったり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/01 23:30
4月26日(木)
『拍手という花束のために』の注文がまだ続いている。メルマガで紹介されただけだから、正直、1日2日で注文はぴたりと止まると思っていたのだ。予想に反して売れなかった経験は何度もあるが、予想外に売れた経験はあまりないので、非常に嬉しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/26 23:30
4月19日(木)
関連のある一般用語を並べたタイトルだと、検索でひっかかりやすくなるかも……という話を昨日書いたのだが、今日、まさにそんな名前のお店に行ってきた。「読書のすすめ」という名前の書店である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/19 23:30
4月16日(月)
『拍手という花束のために』は、勢いが衰えたものの、まだ注文が続いている。アマゾンではやっと表示が「2〜3日以内に発送」に変わった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/16 23:30
4月12日(木)
『拍手という花束のために』はアマゾンで売行き好調なのだが、相変わらず表示は「3〜5週間以内に発送」となっている。これは、アマゾンにも、アマゾンに納品する取次にも在庫がないときの表示なのだという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/12 23:30
4月11日(水)
今日もメルマガ「ビジネス発想源」で、『拍手という花束のために』の見どころの続きを紹介してくれた。その結果、アマゾンで最高37位にまで順位が上昇した。エンターテイメント部門のベストセラーコーナーでは『佐賀のがばいばあちゃん』を抜いて第1位!「ビジネス発想源」の影響力はすごすぎる……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/11 23:30
4月10日(火)
メルマガ「ビジネス発想源」の弘中勝さんが、メルマガの中で『拍手という花束のために』を紹介してくれた。この前遊びに来てくれたときにプレゼントした本を気に入ってくれたらしい。もちろん「メルマガで紹介してね」と頼んだりはしていないし、頼まれたから紹介するような人でもない。弘中さんは広告さえも、気に入らない商品なら掲載しないし、メルマガの質の高さを維持することに心血を注いでいる。だからこそ、14万人もの読者がいるメルマガに成長したのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/10 23:30
3月29日(木)
書店で東国原知事の「そのまんま東」時代の本が何冊か並んでいるのを見つけた。ロゼッタストーンでは、雑誌で「再起」の特集をしたときに、そのまんま東氏に取材したことがある。そのとき、『どん底』という不遇な時代を描いた本を資料として読みたかったのだが、すでに絶版になっていて、手に入らなかった。その本も『どん底 新装版』として、再び日の目を見たようだ。本というのは、こんなふうに突如として蘇ることがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/29 23:30
3月14日(水)
インターネット上にバーチャル本棚を作る動きが盛んになっていると聞いて、私も試しに「ブクログ」というところに登録してみた。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/14 23:30
3月9日(金)
パソコンに強いユージさんが、アウトルックエクスプレスを軽くする方法を教えてくれた。アウトルックエクスプレスのツールでオプションを選び、さらにメンテナンスを選んで保存フォルダを選び、いま保存されているところと別の場所に保存すると負担が軽くなるのだという。なるほど。早速実行した結果、私のパソコンもサクサク動くようになり、快適だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/09 23:30
3月7日(水)
今日は朝からデザイナーさんと何度もデータのやりとり。以前は会って打ち合わせをしたり、作品を受け取りに行ったりしていたのが、最近は全部メールでできちゃうんだから、本当に便利。たまには顔を合わせることも必要だけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/07 23:30
2月22日(木)
行方不明になったと思われる本を揃え、「こうなったら手渡しで渡すしかない!」と取次担当者にアポ入れの電話をしたところ、「昨日出庫した分の伝票が今日、回ってきました」とのこと。うちが納品した本は、ちゃんと取次にあったのである。なーんだ。大きな会社なんだから、社内のコンピュータで検索して、パパッと状況がわかるようなシステムができないのかなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/22 23:30
2月21日(水)
書店から相次いで、「注文した本が届かない」というクレームがあった。某取次に問い合わせてみると、なんと、「2月2日以降で、おたくの本を出庫した記録がありません」とのこと。えーーーっ!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/21 23:30
2月16日(金)
以前、新雑誌創刊の件で相談に来たY氏が来社。取次との交渉は順調に進んでいるらしい。ただ、取次で競合誌の現状を聞き、「こんなに売れていないとは思いませんでした。雑誌の現状は厳しいんですね〜」と驚いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/16 23:30
2月15日(木)
書店をまわっていると、売れるサイクルに入った本の強さを実感する。売れている本は、店内のあちこちに平積みにして並べられ、歩くだけでイヤでも目に入ってくる。何度も見るうちに、気になって手にとる。手にとって面白そうだとつい買ってしまう。売れてくると、店はますます力を入れ、店内の目立つところに本を置く……。ロゼッタストーンの本は、ひっそりと棚にさしてある場合が多いけど、早く売れるサイクルの仲間入りをしたいものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/15 23:30
2月13日(火)
2月10日の朝日新聞夕刊に、普通の若者が書いたケータイ小説から数十万部のベストセラーがいくつも出ている…という記事が出ていた。2006年の文芸部門年間ベストセラー第1位はリリー・フランキーの「東京タワー」、第2位は劇団ひとりの「陰日向に咲く」。第3、5、6、10位はケータイ小説が書籍化されたものだという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/13 23:30
1月19日(金)
ある男性が「もう本を売るなんて考えはやめたほうがいいよ。どうせ、本なんか、売れないんだから」という。 「これからは、本じゃなくて、本を作る技術を売るつもりで、企画ごと売り込まないと。それも、本だけにこだわらず、インターネットなんかと連動させた企画にして。そういう技術を必要としているところは絶対あるんだから」……ふむ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/19 23:30
1月15日(月)
この週末に「だがしや楽校全国寄り合い」というのが開催された。全国で「だがしや楽校」を開催している人たちが一同に集い、情報交換をしたり、親睦を深める集いである。『だがしや楽校が未来を救う』の3人の著者はもちろん、あとがきを書いてくれた阿部進先生(カバゴン先生)や、吉田博彦さん(教育支援協会代表理事)、「だがしや楽校」提唱者の松田道雄先生、本に登場しているコミュニティビジネス「ほたる企画」の田中久美子さん(←なんと、私の高校の後輩だった)、昨年本を販売しに行った静岡の「だがしや楽校」関係者など、みん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/15 23:30
1月10日(水)
朝日新聞の生活欄に「だがしや楽校」についての記事が大きく掲載された(一応全国版だけど、近畿・中国・四国地方の朝日新聞には掲載されなかったようだ)。『だがしや楽校が未来を救う』についても、最後にちらりと紹介されている。この記事がきっかけで、他のマスコミからの問い合わせも入っているようだ。新年早々、いい感じの滑り出し。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/10 23:30
12月22日(金)
世の中というのは不思議な縁というのがあるものだ。『だがしや楽校が未来を救う』の横浜著者・田中靖子さんと、大阪の著者・竹本美惠さんは、お互いに別々のルートで「だがしや楽校」提唱者・松田道雄氏と知り合い、今回の執筆を勧められたのだけど、偶然、田中靖子さんの実家は、竹本さんがいま住んでいる大阪の岡町なのだという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/22 23:30
12月21日(木)
先日、『だがしや楽校が未来を救う』の著者の一人、竹本さんは、産経新聞に続いて某大手新聞の取材も受けることが決まったらしい。もちろん、まだ確実に掲載されるかどうかはわからないけれど、掲載されたら地域のちょっとした有名人になるんじゃないだろうか。メディアにたくさん掲載されるからといって即売上につながるわけではないことは、晴留屋さんのときに体験済みだけど、誰かが本を見つけてくれる確率が高まることは事実だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/21 23:30
12月14日(木)
『だがしや楽校が未来を救う』を出したことで、最近、駄菓子屋についての思い出を聞く機会が多い。子どもにとって駄菓子屋は、友達との待ち合わせ場所だったり、ちょっと悪いことをして怒られたり、くじを当てたり、お釣りの数え方を教えてもらったり……いろんな体験ができる楽しい場所だったようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/14 23:30
12月13日(水)
版元ドットコムからのメールで、「本のPRにプロモーションビデオを一緒に製作しないか」というお誘いがきていた。これまでは本の宣伝のためにビデオを作ってもそれを見てもらう手段がなかったけれど、You Tube(ユーチューブ社が運営する動画の共有・閲覧ができるサイト)の普及で、低コストで多くの人に動画を見てもらうチャンスが出てきたのだという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/13 23:30
12月12日(火)
『凶刃』著者の矢野さんが、最新のレポートのなかで、『凶刃』が果たしている役割について書いてくれている。 小さな出版社から出した本ではあるけれど、本というのは、人の人生を左右するほどの力を発揮することがある。だから、どんな本でも丁寧に作らなきゃね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/12 23:30
12月11日(月)
全国農業新聞が、「本音力」についての記事を掲載してくれた。著者の武藤先生に取材し、上手に本音を言うコツを紹介している。「本音力」は農家でも役立つのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/11 23:30
12月5日(火)
うちが使っているサーバから「SNSトライアルキャンペーン」のお知らせが来ていた。SNSというのは、mixiのようなソーシャル・ネットワーキング・サービスで、インターネット上に形成するコミュニティのこと。これをビジネスに利用しろ…というのだ。活用例として、社内の会議や、お客様の囲い込み、マーケティングなどに役立つとある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/05 23:30
11月30日(木)
『だがしや楽校が未来を救う』の著者の一人、山形の丹波恵子さんが、東京に来る用事があったからと、ロゼッタストーンの事務所に遊びに来てくれた。とても元気で楽しい女性だった。丹波さんは、主婦業のかたわら、シンガーソングライターとしても活動しているのだが、毎年開く自主コンサートには、たくさんのお客さんが集まるという。講演に呼ばれる機会も多いらしい。「これから山形でこの本を一生懸命PRしていきます」と丹波さん。うーん。頼もしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/30 23:30
11月29日(水)
今日は『だがしや楽校が未来を救う』の各取次への搬入日。うちにも残りの本が納品された。倉庫以外に、事務所にも少し在庫を置いておこうと、こちらには300部納品してもらった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/29 23:30
11月28日(火)
11月29日の『The Wide』(NTV系)で、矢野さんの事件が取り上げられるらしい。犯罪被害者週間の一環で、担当者から「『凶刃』を読んだ」と取材の申し込みがあったのだという。矢野さんの事件は、犯人が精神障害者だったにもかかわらず、懲役25年という重い刑が確定した珍しいケースなのである。もうちょっとマスコミも取り上げていいんじゃないの…と思っていたら、ようやく全国ネットの番組が取り上げてくれるようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/28 23:30
11月27日(月)
元衆議院議員で、「ヴィーナスはぁと」メンバーでもあった水島広子さんのところを矢野さんが訪ねたという。水島さんはもともと精神科医なので、議員時代は精神障害者の犯罪について、精力的に取り組んでいた。精神科医はこの問題に逃げ腰な場合が多いのだが、水島さんは、矢野さんと同じような問題意識を感じているようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/27 23:30
11月24日(金)
『凶刃』の矢野さんから裁判レポートが届いた。刑事訴訟で精神障害者である犯人の有罪を勝ち取った矢野さんは、いまは、民事訴訟で犯人が入院していた病院と争っている。安易に外出を許した責任を追及しているのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/24 23:30
11月21日(火)
今日も引き続き書店まわり。書店の多くは、実用書と小説、マンガ、新書、文庫、雑誌が中心で、「教育」「社会」関係の本がちゃんと揃っているところは非常に少ない。ロゼッタストーンのある池袋は、大型書店がある恵まれた地域だけど、真面目な本を探そうと思ったら、ネット書店に頼るしかない人たちも多いだろうなあ……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/21 23:30
11月20日(月)
図書館総合展に出品する『だがしや楽校が未来を救う』を持って今日もパシフィコ横浜へ(本当は昨日、パシフィコ横浜の事務局に預ける予定だったのだが、うっかり忘れていたのだ)。係りの人は、すぐに会場に持っていってくれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/20 23:30
11月19日(日)
18日、19日とパシフィコ横浜で開催された「横浜だがしや楽校」に行ってきた。「横浜国際フェスタ」「フェスタアレグリア・ブラジル」との共同開催で、会場内にはたくさんの親子が遊びに来ていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/19 23:30
11月16日(木)
『本音力』の注文者のなかに「◎◎小学校」というのが混じっていた。書店から送られてくるFAX注文の場合、たまに注文者の名前が書いてあるのだ。いじめられている子は、なかなか親にも先生にも本音が言えないみたいだし、先生が「本音力」を身につけるのは、とってもいいことだと思うな。『本音力』は、上手な本音の言い方、聴き方を紹介した本だけど、子どもに対しては、大人が「聴き上手」になってあげないとね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/11/16 23:30
11月14日(火)
印刷所から「刷り出し」が届いた。「刷り出し」というのは、刷り始めの印刷物。ここでよほど大きなミスがあれば、途中で機械を止めることになる。まだロゼッタストーンでは、そんな経験はないけどね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/14 23:30
11月13日(月)
『だがしや楽校』の本は、いまごろ印刷されているはず。このまま何事もトラブルなく終わればいいのだけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/13 23:30
11月10日(金)
『だがしや楽校が未来を救う』を校了してほっとしたのもつかの間、文字が欠けている部分を発見、あわてて訂正してもらった。こちらが渡したデータでは文字は欠けてないし、印刷会社はデータ通りに出力しているのに、摩訶不思議。パソコンを使った世界では、時々、理解不能なことが起こるのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/10 23:30
11月8日(水)
『だがしや楽校〜』をまもなく校了する予定。8日の日記を書いているけど、すでに9日。昨日は日中出かける用事があったので、夕方からチェックを始めたら、なんだかんだで徹夜になってしまった。いまは、印刷会社の人が取りに来るのを待っているところ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/08 23:30
11月6日(月)
今日は朝から入稿準備で大忙し。キッチンには鍋いっぱいの豚汁が作ってあって、お腹がすいたら豚汁を食べながら朝から晩までノンストップで作業。まるで非常のときの炊き出しみたいだ。本当は夕方入稿する予定だったのだけど、思ったより時間がかかったので、結局、明日の朝一番に取りに来てもらうことに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/11/06 23:30
11月1日(水)
『だがしや楽校が未来を救う』のDTP作業(原稿を印刷できるデータに加工すること)がほぼ終わった。あとは、著者のチェックを待って、もう一度校正をすれば、入稿できる。入稿予定は6日。最後のラストスパートだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/01 23:30
10月31日(火)
パソコンを修理に出したら、引き取りに来てくれた日通のおじさんが「あれ?先日、確か届けましたよね?」と驚いていた。そうなの。あっという間に次が壊れたのっ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/31 23:30
10月27日(金)
書店から注文が入った場合、通常は誰からの注文なのか、こちらには全然わからない。ただ、たまにFAX注文などで、注文した人の名前が書いてある場合がある。それから推測するに、最近の『本音力』は、看護師さんからの注文が多いような気がする。看護専門誌が大きく取り上げてくれた効果だろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/27 23:30
10月25日(水)
晴留屋さんの携帯電話料金を確認したら、基本料金はちゃんと無料になっていた。なんのことはない、晴留屋さんがたくさん通話していただけなのである。2週間で6000円以上の通話は、ちょっと使いすぎ。このままだと1カ月に1万円を超えちゃいますよ、と注意した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/10/25 23:30
10月19日(木)
初めてネット銀行に口座をつくることにした。ネットで注文してもらうときに、注文専用の口座があるといいなあと前々から思っていたのと、いまの銀行だと振り込み手数料が非常に高いのと(インターネットで振り込むと、他行への振込が3万円未満で525円、3万円以上で735円!)、アユムが始めたネクステップの専用口座が欲しいなと思ったのとで、やっと踏み切ったのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/10/19 23:30
10月16日(月)
学校でのいじめが原因で自殺……という悲しいニュースが相次いでいる。なかには教師にいじめられていた…なんてケースもあって、あんまりだ。学校に通うのは人生のほんの一時期なのに、そのなかにいる子どもにとっては、永遠のように感じちゃうんだろうなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/16 23:30
10月13日(金)
2006年11月20日〜22日まで、横浜市のパシフィコ横浜というところで、第8回図書館総合展が開催される。図書館総合展に本を出品する費用は、1冊につき5000円。ロゼッタストーンは、『本音力』『ふしぎな星』、それに来月発行する予定のだがしや楽校関連本、計3冊を出品してみることにした。毎年案内は来ていたのだが、出品するのは初めてである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/13 23:30
10月11日(水)
実家に帰って気が緩んだのか、ちょっと風邪気味で、頭がもわーんとしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/11 23:30
10月4日(水)
晴留屋さんは事情が変わって、やっぱり生活保護を受けたいと言う。「これから区役所に行ってみます」と電話がかかってきた。公の機関が支援してくれるなら安心。いまの晴留屋さんの身体の検査などもしてくれるだろう。路頭に迷うこともないだろうし、ロゼッタストーンとしても、ちょっと肩の荷が下りた気がする。区役所の担当者さま、よろしくお願いします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/04 23:30
10月2日(月)
『本音力』の武藤先生から電話があって、日刊現代の取材を受けたとのこと。『ふしぎな星』のAKI君は、東武デパートでのイベントが決まったらしい。『凶刃』の矢野さんの事件は、9月23日にフジテレビ「ワッツ!?ニッポン」で取り上げられたという。何がきっかけでもいいから、著者の知名度がぐんと上がって本がどーんと売れないかなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/02 23:30
9月27日(水)
某書店から「客注本音力16冊」という注文が来た。客注というのは、「お客様の注文」という意味で、通常は1冊が普通である。そこは、以前も1冊客注があった書店。思うに、以前買ってくれたお客様が気に入って、これを会社などで配ろうとしてくれたんじゃないかと思う。「本音力」は、同じ書店から2度客注があるケースが多いのだ。こうして、クチコミでちょっとずつでも広まってくれるといいなあ。頑張れ「本音力」! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/27 23:30
9月25日(月)
今日は「ふしぎな星」の発売日。さて、書店での動きはどうかしら。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/25 23:30
9月17日(日)
16日、17日と、下北沢でAKI君のライブペイントが開催された。ミュージシャンたちが演奏している間に、AKI君が舞台で絵を描き上げるというイベントだ。午後3時半ごろから、午後8時半ごろまで、2回の休憩をはさんでライブが続く。AKI君は、2日とも、ライブ終了間際に、きちんと絵を完成させていた。初日は、大人が両手を広げたぐらいの幅の大きな絵。2日目は、さらにその倍ぐらいの大きさの大作。よく限られた時間で、絵が描けるものだと思う。構図がユニークで、色づかいも斬新。去年のライブペイントも見たけれど、AK... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/17 23:30
9月15日(金)
読売新聞の都民版に、『ふしぎな星』とAKI君の記事が掲載された。写真入りで、かなり大きな扱いである。16日、17日のイベントの案内もちゃんと書いてくれていた。……がっ! なぜ、ロゼッタストーンの「ロ」の字も書いてないんでしょう。本の紹介をするときには、どこから出版されているかを書くのが普通じゃないの〜??? まあ、16日、17日にたくさんお客さんが来てくれたら、それだけでもありがたいけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/15 23:30
9月14日(木)
今日は「ふしぎな星」の見本を持って取次まわり。読売新聞に掲載されることがちょうどよいPR材料になった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/14 23:30
9月13日(水)
読売新聞の都民版記者が、AKI君を取材してくれた。私も、AKI君と、AKI君のお父さんが働く「ライフステージ」で取材に立ち会った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/13 23:30
9月12日(火)
『ふしぎな星』の事前注文を取りに、書店を回っている。ついでに、前著『本音力』の売り場ものぞいてみる。某書店の担当者に、「同じ著者の『雑談力』がすごく売れているんですけど、どこが違うんでしょうね」と聞いてみると、「『雑談力』も最初は目だった動きがなかったんですが、R25に紹介されてから、それがきっかけで注目され、急に売上が伸びたんです」とのこと。フリーペーターといえど、R25恐るべし! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/12 23:30
9月11日(月)
土曜日に、知人の友人がやっている「銀座お散歩ツアー」に参加した。情報誌などではあまり紹介されていない、銀座の裏話を紹介しながら、銀座の街を案内してくれるのだ。細い路地を通りながら、盆栽やさんとか、ビルの上にあるお稲荷さんとか、看板が出ていない高級旅行代理店とか、いろんなところを駆け足でまわった。さすがに銀座というのは、奥深い街だ。メイン通りぐらいしかわからない私には、とても新鮮だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/11 23:30
9月8日(金)
版元ドットコムのメーリングリストに、鹿砦社という出版社から「代表逮捕以来、休会扱いになっていたが、このたび復帰した」という連絡が入っていた。逮捕なんて事件があったっけ…?、とネットで調べてみると、阪神タイガース元職員やパチスロ製造会社役員らを中傷したとして、名誉毀損罪に問われたらしい。スキャンダル記事を掲載した週刊誌などが訴えられるのはよくあることだけど、たいていが民事事件で、刑事事件になるというのは、非常に珍しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/08 23:30
9月7日(木)
周南市の高専生殺人事件の容疑者が、遺体で発見された。事件直後に自殺したらしい。周南市は私の地元なので、特に関心をもって事件の経過を見ていたのだが、最悪の結果になってしまった。事件の真相がわからないままでは、遺族はたまらないだろう。息子を失ったうえに、容疑者に代わって恨みを引き受けなければならない加害者の家族も辛いだろう。通り魔殺人も悲惨だけど、家族や友人を殺す事件もやりきれない。なんで、みんな簡単に人を殺すんだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/07 23:30
9月6日(水)
今日は、朝から紀子さま出産のニュースでもちきり。今度は絶対に男の子だろうと、みんなが確信していたようなところがあったけど、やっぱり男の子だった。期待にちゃんと応えてしまうというところが、紀子さまの底力だなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/06 23:30
9月5日(火)
今回の絵本は、時間がなくて再校正ができなかったので、印刷会社の工場で、刷りだしをチェックさせてもらった。印刷工場はさいたま市の北戸田という駅から歩いて30分ぐらいのところにある。工場内では、たくさんの機械が大きな音を立てて回っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/05 23:30
9月1日(金)
今日からロゼッタストーンの事務所に、光ファイバーが開通した。昨年夏に事務所が引っ越して以来、光ファイバーが使えない環境だったので、約1年ぶりだ。電話も今日から「ひかり電話」。ところが、夕方事務所に戻ると、「ひかり電話」が使えなくなっていた。アダプターの電源を切って入れなおすと復活したけれど、なんだかちょっと不安だなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/01 23:30
8月31日(木)
AKI君の絵本『不思議な星』、校了。色使いの鮮やかなAKI君の絵は、普通の4色分解の印刷では、なかなか原画どおりに色が出てこない。担当のKさんは、「現場と相談して、もうちょっと努力してみます」と、やる気を見せてくれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/31 23:30
8月29日(火)
やむをえない事情で、AKI君の絵本の印刷会社を変更することになり、ここ数日、その対応に追われていた。書店にさきがけて、9月16日のAKI君のイベントで発売する予定。しかも、「本にサインをする関係で、13日までには納品してほしい」といわれているので、ほとんど時間がない。いろんな人に迷惑をかけつつ、なんとか間に合いそうで、とりあえずほっとする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/29 23:30
8月25日(金)
河野太郎議員が、ブログに寄せられたコメントへの返事をくれた。批判的なコメントにも、約束どおり、きちんと返事をくれる姿勢に誠意を感じる。日刊スポーツによれば、22日に開かれた自民党の南北関東ブロック大会で、「出席した5候補中、最も党員の声援を受ける意外な健闘を見せた」とのこと。推薦人20人の確保には苦労しているようだけど、頑張ってほしいな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/25 23:30
8月22日(火)
来年から本に記載するISBNコードが現在の10桁から13桁になるという。日本図書コード管理センターから「実施の手引き」が送られてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/22 23:30
8月11日(金)
絵本に掲載するAKI君の絵の撮影に。ほとんどの絵は、印刷会社でスキャニングしてもらうのだが、100号サイズという大きな絵はさすがにスキャニングは不可能だ。……というわけで、久しぶりにカメラマンのSさんに撮影をお願いした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/11 23:30
8月9日(水)
午前中は税理士のベラさんと打ち合わせ。「出版業界っていうのは、本当に収益を上げるのが難しいシステムになってますよねえ」とベラさん。本を作るたびに経費はすぐに支払わなければいけないのに、まとまった入金は半年後。次々に本を出そうとすると、しばらくは出金ばかりが増えるし、本が売れなかったら経費も回収できない。新興出版社は、老舗の出版社とくらべて、取次に払うお金の割合が多く、入金時期は遅い。いかに、書店以外のルートで本を売ることができるか、というのがロゼッタストーンのような新興零細出版社の課題なのである... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/09 23:30
8月7日(月)
Googleのブック検索の説明会に行ってきた。これは、出版社が提供した書籍の全文を取り込み、googleで検索できるようにするサービス。googleを利用する人が何かのキーワードで検索した場合、書名を知らなくても、そのキーワードに関連する書籍が表示され、その書籍の一部を読むこともできるという。書籍販売サイトや、出版社の自社サイトへ誘導するリンクもあるらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/07 23:30
8月2日(水)
NTTから連絡があって、9月1日に光ファイバーの工事と、ひかり電話の工事をしてもらうことが決まった。来月からは、ロゼッタストーンもひかりライフだ。電話で工事前の確認がいろいろあるのだが、こういうことに疎い私は、耳だけで聞いて判断するのがけっこう大変。「料金プランは基本でいいですか?」「最大5つの電話番号が持てますが、どうしますか?」「いま使っているFAX複合機はG3ですか?G4ですか?」などと、矢継ぎ早に聞かれても、瞬時に判断できない。「パンフレットとかいただけないんですかね?」と聞くと、「ホー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/02 23:30
8月1日(火)
小泉首相の任期切れが近いこともあって、最近のニュースでは、ポスト小泉の話をよく耳にする。有力候補ではないけれど、河野太郎議員も、総裁選への出馬の意向を明らかにしている。もっとも、総裁選に立候補するには、国会議員20名の推薦が必要だそうで、ここが大きな関門のようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/01 23:30
7月21日(金)
9月に発行予定のAKI君の絵本は、絵本といってもストーリーに基づいて描かれた絵ではない。AKI君の頭のなかにある、「ふしぎな星」での生物の進化の過程が描かれているのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/21 23:30
7月20日(木)
『美しの宮からの贈り物』校〜了〜〜!! ロゼッタにしては、最後の修正も少なかったし(といっても、たくさんあったのだが)、まあ、順調な部類だろう。よほどのトラブルがない限り、31日には納品できるはずだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/20 23:30
7月19日(水)
『美しの宮からの贈り物』(非売品)の校了と、絵本『ふしぎな星』の入稿準備で、なんだかバタバタしている。そんななか、出版広告の営業マンが来社。資料だけ受け取るつもりだったのだが、その人の体験話が面白くて、つい話し込んでしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/19 23:30
7月18日(火)
9月に出版する予定のAKI君の絵本、『ふしぎな星』の原画が完成した。地球とは別の星で、生き物が進化する過程を描いたものだ。AKI君は知的障害があるらしいのだけど、生き物に関する知識はすごくて、「これは甲殻類です」「無脊椎動物です」「軟体動物です」などと、学者のように説明してくれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/18 23:30
7月13日(木)
『美しの宮からの贈り物』(非売品)入稿。毎度毎度、入稿前というのは、バタバタしてしまう。今日は途中までとても順調だったので、珍しく余裕で入稿できるかな…と思っていたのだけど、直前でパソコンがフリーズしたり、打ち出していたはずの出力見本が、ほかの原稿に紛れてしまっていたりで、大慌て。今日も、印刷会社のKさんは、うちで30分くらい待たされるはめになってしまったのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/13 23:30
7月6日(木)
東京国際ブックフェアに行ってきた。今年の基調講演は、『国家の品格』の藤原正彦氏(数学者)だった。主張が個性的で明確なので、前年、前々年の講演よりは面白かった。内容は『国家の品格』にも書かれているようなことだったが、ブックフェアということで、特に小学生の国語能力を高めることが大事だと強調されていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/06 23:30
7月4日(火)
「明日こそハレルヤ!」を注文してくれた読者がメールで意見を書いてくれていた。「ここ数ヶ月、近くの書店を探したのに、どこにも置いてないし、取り寄せを希望してもできないと言われた」という。「もっと書店に並んでいたら、何倍も売れるのに」という意見に、営業力のなさを申し訳ないと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/04 23:30
6月29日(木)
月末の経理に追われている私。なんだかんだと言って、あっという間に1カ月が過ぎてしまうのだ。いろんな企画が同時進行で進んでいるのだけれど、どれも不確定要素が大きくて、なかなか先の予想が立てづらい。コツコツできる堅実な仕事がないものだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/29 23:30
6月28日(水)
現在、「テンプルビューティフル」というお店の10周年記念本を編集中。このお店の責任者、ナオコさんが、私の大学時代の後輩のお友達だった縁で、本の出版のお手伝いをすることになったのだ。(ロゼッタストーンは、ナオコという名前の女性と縁があって、この日記にもいろんなナオコさんが登場します) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/28 23:30
6月23日(金)
ニッポン放送「うえやなぎまさひこの『サプライズ』」という番組の「10時のちょっといい話」というコーナーで、晴留屋さんが紹介された。アナウンサーが朗読で紹介するコーナーで、7〜8分ぐらいだろうか、かなり詳しく好意的に紹介してもらった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/23 23:30
6月22日(木)
奈良の母子3人焼死事件で、高校1年生の長男が逮捕された。また起きてしまった「イイコ」の犯罪。武藤先生は『本音力』のなかで、イイコの仮面をかぶったまま、本当の気持ちを隠し続けることはストレスであり、うっ積してしまうとその不満エネルギーが形を変えて、ひねくれたり、ねたんだり、時には爆発してしまうと書いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/22 23:00
6月19日(月)
昨日は、創刊当時の大学生スタッフ、ヨーコの結婚式だった。ヨーコらしい個性的な結婚式で、踊りあり、ピアノ演奏あり、空手の演舞あり、DJあり、ビデオ上映あり…と、盛りだくさんの内容だった。ヨーコは幸せいっぱいの笑顔。本当に大好きな人と巡り合ったのね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/19 23:30
6月15日(木)
出版関係の勉強会に出席。出版界というのは、零細出版社、零細書店などが多いので、書籍の一元管理、書店の一元管理といったことができていない。今日の講師によれば、「日本の書店の数を正確にわかっている人は誰もいない」のだという。そういう遅れた状況を打破するために、現在、書店や書籍のデータベースの共有化が進められている。その状況がいまどうなっているか、というのが今日のお話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/15 23:30
6月14日(水)
ロゼッタストーンの事務所があるマンションでも、やっと光ファイバーが使えるようになったので、回線をADSLから光ファイバーに変えることにした。最近は光ファイバーのほうが料金も安いのである。電話はまだ平成電電の「チョッカ」の契約が残っているが、それが終わり次第、「ひかり電話」に変えようかと思っている。(SMAPが歌っているあれです) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/14 23:30
6月13日(火)
出版労連(日本出版労働組合)のセミナーで講師をした。といっても、10人ぐらいのアットホームな勉強会である。今日のテーマは、「ひとり出版社・小出版社の舞台裏」。私とリベルタ出版の田悟恒雄氏の2人が講師である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/13 23:30
6月9日(金)
『本音力』の見本を持って、取次を回った。某大手取次では「ビジネス書というのは、書店の棚自体が少ないのであまり部数を多く取れないんですよ。ビジネス書の担当が別にいますから、今度からは事前に相談してもらったほうが、配本がスムーズにいきますよ」といわれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/09 23:30
6月8日(木)
晴留屋さんが津田塾大学の一般公開講座で講演。講演後にサイン会を開いてもいいというので、私とアユムも本を持って出かけていった。晴留屋さんは工事現場の鉄パイプがあたって前歯が欠け、その時に腰を痛めてしまったという。晴留屋さんは、本当によくケガをする。やっぱり左目が見えないせいだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/08 23:30
6月7日(水)
パンプスを履いて一日中書店を回っていたので、足の裏が痛くてたまらない。あちこち回ったわりには、担当さんがお休みの書店が多くて、成果がいまいちなのが辛いところだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/07 23:30
6月6日(火)
『本音力』を持って書店まわり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/06 23:30
6月5日(月)
夕方、『本音力』の見本が刷り上ってきた。早速、武藤先生の事務所に持っていくと、武藤先生は不在だったけど、共著者の植村先生やスタッフの人がいて、とても喜んでくれた。さあ、明日からはこの本を持って書店を回らなきゃ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/05 23:30
6月2日(金)
今日は午後から、「版元ドットコム」の総会&懇親会。「版元ドットコム」は、最近LLP(有限責任事業組合)という団体になったのだ。LLPというのは、昨年8月に始まったばかりの新しい事業制度。版元ドットコムはいまや、時代の最先端なのである(←ちょっと違うかな)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/02 23:30
5月31日(水)
今日は朝から経理のお仕事。お隣のマンション建設工事の音がガガガガガガとうるさくて、集中力が途切れてしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/31 23:30
5月30日(火)
『凶刃』の矢野さんが裁判レポートを送ってくれたので、WEBに掲載した。6月23日に第3回の公判が行われて、そこで判決が言い渡されるらしい。日本の裁判は長引く印象が強いけど、2月末に起訴されて6月に判決が下されるとは、意外にスピードが早い気がする。(もっとも、どちらかが控訴すると、また長引くんだろうけど) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/30 23:30
5月26日(金)
本が届いていないという連絡があり、24日に直接納品した書店から電話があった。取次に5月1日に納品した本が今日届いたのだという。「返品してもいいですよ」とは言ったけど、あー、空しい。うちから歩いて10分ちょっとの場所にある書店なのに、取次ルートだと25日もかかったわけだ。やれやれ。もちろん、普通はもっと早いのだけど、ゴールデンウィーク中の納品だったので、手間取ったのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/26 23:30
5月24日(水)
Daily Yomiuri の記事を見つけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/05/24 23:30
5月23日(火)
『凶刃』著者の矢野さんからメールが来た。事件がDaily Yomiuriに掲載されているらしい。そうか。英字新聞に載ったのは『明日こそハレルヤ!』じゃなくて、『凶刃』のほうだったのか。英字新聞に掲載されるぐらいなら、東京の新聞にも掲載されればいいのに、どういう選択がされているんだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/23 23:30
5月19日(金)
慌しい1日だった。午後6時半に、印刷会社の人が原稿データを取りに来るというので、最後のチェックに追われた。うちのパソコン環境は、まだ万全ではないので、データをMOに保存するのにも非常に時間がかかる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/19 23:30
5月18日(木)
武藤先生から最後の赤字を受け取った。これを修正して、金曜日に印刷会社に入稿すれば、あとは、できあがるのを待つだけである。発売日は6月20日を予定している。武藤先生の『雑談力』はよく売れていて、出版社から表彰する…という話もあったという。 「先生、うちの本も売れたら表彰します」と冗談を言ったら、先生も笑っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/18 23:30
5月17日(水)
税理士のベラさんと打ち合わせ。相変わらず、ロゼッタストーンの経営状況は厳しいのだけど、雑誌をやめて書籍に特化したことで、「多少薄日が見えてきた」と、ベラさんは言う。切り詰められる経費はとことん切り詰めているので、あとは、もっと稼ぐことを考えなくちゃ。いまのままでは、雑誌の復刊は、まだまだ遠い夢である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/17 23:30
5月16日(火)
印刷会社のKさんとスケジュールの打ち合わせ。今週中に入稿すれば、来月5日には見本ができるという。発売日は20日前後になるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/16 23:30
5月15日(月)
修正を終えた原稿を持参して、東京メンタルヘルスアカデミーの武藤先生、植村先生と最後の打ち合わせ。あとはもう一度チェックしてもらって、それを修正すれば、ひとまずデータは完成。今週中には印刷会社に入稿できるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/15 23:30
5月12日(金)
フランス在住のセツコさんが連絡をくれて、「ロゼッタストーンの本をアマゾンで買おうとしたら、『明日こそハレルヤ!』が古書しかなかった」とのこと。あら!もしかして、この前の追加注文分がもう売り切れたのかしら♪と、取次に問い合わせると、納品したはずの『明日こそハレルヤ!』も『凶刃』も入った記録がないという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/12 23:30
5月11日(木)
『国家の品格』が200万部を突破したらしい。あの「バカの壁」よりも早いペースだとか。私もゴールデンウィークに読んだから、200万分の1の貢献をしているのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/11 23:30
5月10日(水)
『本音力』の表紙について、デザイナーのミサコさんと打ち合わせ。使う色によって、印象が全然変わってくるので、パソコン上で、色を変えてもらったり、薄くしてもらったり、濃くしてもらったり。うーん。色使いっていうのは、本当に難しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/10 23:30
5月8日(月)
武藤先生から再校正が終わったという連絡があったので、受け取りに行った。先生も熱心に見直してくれているようで、新たな赤字(修正箇所)がたくさん入っている。この訂正が終われば、いよいよ印刷だ。スケジュールがだいぶ延びてしまったけれど、いい本になりそうな気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/08 23:30
4月25日(火)
アマゾンで『明日こそハレルヤ!』が古書しかなくなっていた。「今月、いろんなメディアに紹介されているので、在庫を置いてもらえないでしょうか」とメールを出してみると、「取次に交渉してみてください」というメールがすぐに返ってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/04/25 23:30
4月21日(金)
今日は不審人物もいなくて平穏な1日。ロゼッタストーンが入っているマンションは、いま改装中で、廊下とか、壁とか、ちょっとずつきれいになっていく。久しぶりに来た人は、戸惑うんじゃないかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/21 23:30
4月18日(火)
『凶刃』の矢野さんの裁判が始まったらしい。地元では報道されているようだけど、残念ながら、東京ではあまり報道されていないようだ。どんな裁判になるのか、とても興味があるのだけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/18 23:30
4月14日(金)
晴留屋さんから珍しく暗い声で電話がかかってきた。「AERA読みましたか?」と言う。AERAには、私のまったく知らなかった晴留屋さんの実家のセンセーショナルな話題が書かれていたのだけど、それもそのはず、晴留屋さん自身が知らないことも書いてあったようだ。こんな形で自分の家の事情を知るのは辛いことだったに違いない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/14 23:30
2月8日(水)
2月14日の「週刊女性」に晴留屋さんの「人間ドキュメント」が掲載される。たぶん6ページ。晴留屋さんのお母さんや妹さんの話も載っている。今週発売の「女性セブン」には、『凶刃』著者の矢野さんの話が特集されている。こちらは7ページらしい。「犯人は精神障がい者、罪に問えないといわれて」というタイトルらしい。どちらの記事もぜひ、読んでみてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/02/08 23:30

トップへ | みんなの「本」ブログ

ロゼッタストーン日記 本のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる